autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フィアット、環境性能をアピールした購入資金キャンペーンを実施

自動車ニュース 2010/6/29 10:54

フィアット、環境性能をアピールした購入資金キャンペーンを実施

フィアット

フィアットは、2010 年7月1日(木)より9月30日(木)までの期間、フィアット全車種(※)が対象となる『フィアット ハッピー グリーン サポート』を全国の正規ディーラーで実施する。

『フィアット ハッピー グリーン サポート』は「環境にやさしいフィアット車に乗り換えませんか?」をテーマに、新車購入資金をフィアット サポートの場合、最高377,500 円、政府補助金を利用した場合、最高462,500円サポートするもの。

まず、購入者は新車購入時にかかる取得税と重量税の合計金額の75% 相当分が購入金額からサポートされ、それに加え購入資金の10万円サポートもしくは2.9%インテリジェントローン(通常は4.9%)を選ぶことができる。さらに、登録から13年を越えた車の廃車を伴う新車購入の場合、500および500CはFIAT サポート15万円、プント エヴォ、グランデ プント、パンダは政府のエコカー補助金 25万円も加算して受けることができる。

期間中、成約もしくは登録が対象になり台数の制限は無い。

環境問題に優れたフィアット車

欧州における自動車販売でトップ10ブランドの一つに数えられるフィアットは、自動車関連の調査・コンサルティングサービスで世界的に著名なJATO社(1984年設立、世界40か国以上に展開)により、2009年に販売した自動車のCO2(二酸化炭素)平均排出量が127.8g/kmと、3年連続で最も低いレベルを達成していることが認定されました(2008年実績は133.7g/km)。さらにグループ別の集計でも、FIAT グループ(131.0g/km)がトヨタ、PSA プジョーシトロエン、ルノー、現代を押さえて首位に立ちました。

フィアットは、輸送による環境への影響を軽減する取り組みにおいて最も効果的な提言を行っている自動車メーカーのひとつ。環境保護という重要な課題を達成するため、フィアットでは誰もがすぐに活用できるさまざまな具体的ソリューションを提供している。こうした姿勢は、フィアットの販売車種、新製品開発のための投資、研究開発の枠組み、公的機関との協力のもとに進めている持続可能なモビリティの開発計画といった領域に、広く反映されている。

さらに見落とせないのは、最も環境にやさしいコンパクトカーの製造においてフィアットが欧州首位の座にあるという事実。たとえば、フィアット 500とフィアット ブラーボには、他車より2年も早くEuro-5の欧州排出ガス規制に適合するガソリンエンジンとディーゼルエンジンが搭載された。

また国内で販売される輸入車においてもフィアット車は優れた環境性能を発揮し、『e燃費アワード2009-2010』を受賞。500(1.2L モデル )はe燃費(燃費平均値)16.8km/Lの結果となり、輸入車部門1位を獲得。フィアットとしては昨年のパンダに続き2年連続の受賞となる。なお、パンダ(1.2Lモデル)は一昨年の輸入スモールカー部門で1位を獲得しており、今回も2位にランクインしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット の関連記事

フィアットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット の関連記事をもっと見る

フィアット の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26