autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、自動車リサイクル法に基づく2009年度再資源化等実績を公表

自動車ニュース 2010/6/2 07:59

マツダ、自動車リサイクル法に基づく2009年度再資源化等実績を公表

関連: マツダ
マツダ

マツダは、2005年1月1日にスタートした自動車リサイクル法に基づき、使用済み自動車のシュレッダーダスト(ASR: Automobile Shredder Residue)、エアバッグ類、フロン類の3品目について、2009年度(2009年4月1日から2010年3月31日)の再資源化などの実績を公表した。

マツダは、お客さまに預託していただいたリサイクル料金によって、全国で特定3品目の再資源化を行っているが、2009年度はASR引取りが台数で19万6千台、重量で3万5千トン、うち2万8千トンを再資源化した。ASRの再資源化率は80.0%で、2008年度に引き続き2015年度法定基準70%を大幅に前倒しで達成、さらに環境中期計画マツダグリーンプラン2010に掲げている2009年度目標79%も同時に達成した。これは車両のリサイクル実効率*1で約97%に相当する。

さらにエアバッグ類は、10万3千台 (22万6千個)を引き取り、回収処理または車上作動*2により再資源化を行った。エアバッグ類の再資源化率は94.1%と、法定基準85%を上回り、フロン類についても適正に処理を行った。

特定3品目の再資源化などに要した費用の総額は16億8,879万円で、資金管理法人から払い渡しを受けた預託金の総額は17億628万円、全体収支は1,750万円の黒字となった。

マツダは、自動車メーカー13社と協同して、2009年度ではリサイクル施設の増強やASRをセメント原料の一部として再利用する活動などを積極的に行い、ASRの埋立量の低減に努め、ASR再資源化の促進を行ってた。

マツダは、独自開発した世界初の廃車バンパーリサイクル自動化技術をはじめとする先進的な技術開発を進める一方、自動車に含まれている非鉄金属、貴金属を国内で資源循環するべく、広島地区の関連業者と共同で取り組んでいる。今後も、限りある資源を有効活用し、循環型社会の構築に向け着実に取組を強化していくといしている。

*1 使用済み自動車のリサイクル率のことであり、解体・シュレッダー工程で再資源化された比率約83%に、残りのASR率17%とASRリサイクル率80.0%を乗算したものを加算して算出します。

*2 車上にエアバッグ類を取り付けたままの状態で展開し、リサイクルする方法です。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22