autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、米国で「日産リーフ」の生産準備開始

自動車ニュース 2010/5/27 09:55

日産、米国で「日産リーフ」の生産準備開始

関連: 日産
日産 リーフ

日産は26日、米国において「日産リーフ」の生産準備に着手することを発表し、米テネシー州スマーナにおいて、電気自動車「日産リーフ」に搭載されるリチウムイオンバッテリーの生産工場の鍬入式を行った。「日産リーフ」の米国での生産は、2012年より同社の車両組立工場で開始される。

スマーナでの「日産リーフ」およびバッテリーの生産により、本格稼働時には、同地域に最大1,300名の雇用が創出されると見込まれている。全体で130万平方フィート(約39万平方メートル)の敷地面積を持つ北米最大級の自動車用バッテリー生産工場となる同工場は、フル稼働時に年間生産能力20万台分の規模となる予定である。また、同工場は車両組立工場に隣接しており、年間15万台の規模で「日産リーフ」の生産が可能となる。

社長のカルロス ゴーンは、「日産は、持続可能なクルマのある社会を包括的に実現することに取り組んでいる。今回のバッテリー工場の建設開始は、米国における『グリーンエコノミー』の実現にとって大きな一歩である。スマーナでリチウムイオンバッテリーを生産することにより、米国は、エネルギー自給率の向上、環境に優しい仕事の創出、自国での生産維持という方針の実現に一歩近付くことになるだろう。スマーナ工場は生産革新の世界的リーダーであり、今回着工する最新のバッテリー生産設備は、その伝統を引き継ぐものとなるだろう」と語った。

テネシー州のフィル ブレーデセン知事は、「テネシー州は、米国においてクリーンエネルギー革新を推進するリーダーとなった。日産の先進的なバッテリー工場の建設はこの中核となるであろう。日産はテネシー州への投資を20年以上前から行っており、今回の新たな生産工場は、『志願兵の州』(訳注:テネシー州の愛称)において、次世代の自動車およびクリーンエネルギー産業関連の雇用に新たな道を開くものである。」と、述べた。

バッテリー工場の建設および既存のスマーナ工場における「日産リーフ」生産などに関わる投資額は最大17億米ドル(約1,535億円)となり、当面は米エネルギー省から14億米ドル(約1,264億円)の融資を受けて行われることになる。

本融資は同省の融資保証プログラムオフィスが考案したもので、2007年エネルギー自給・安全保障法に基づいて米連邦議会により認可された総額250億米ドル(約2兆2,576億円)の融資プログラムである「先進技術を利用した自動車生産への融資制度」の一環として実施されている。本融資プログラムは、米国のエネルギー自給率を上げ、より環境に配慮した輸送手段を提供し、同国の経済を活性化させる車両および技術の開発促進を目的としている。

手頃な価格の量産型ゼロ・エミッション車である「日産リーフ」は、2010年12月より、米国、日本、欧州にて販売を開始する。当初は、座間のバッテリー工場で生産されるリチウムイオンバッテリーを搭載した車両を追浜工場で生産することになる。 ルノー・日産アライアンスは、リチウムイオンバッテリーの生産を、ポルトガルのカシア、英国サンダーランドおよびフランスのルノーフラン工場でも行うことを発表している。

注:為替レートについては便宜上、最近の為替レート1USドル=90.1円をもとに換算。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17