autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、新型マイクラ(マーチ)をインドで生産開始

自動車ニュース 2010/5/24 16:23

日産、新型マイクラ(マーチ)をインドで生産開始

新型マイクラ (日本名:「マーチ」)

日産の現地子会社であるインド日産は23日、現地生産のコンパクトカーである日産「マイクラ(日本名:マーチ)」をチェンナイ郊外のオラガダムの同社工場で開始した。同日行われたオフライン式では、日産の最高執行責任者(COO)である志賀俊之がテープカットを実施し、最初の車両が生産ラインから送り出された。また、ルノー・日産 オートモティブ インディア社(RNAIPL)社長の櫻井亮、インド日産社長の徳山公信が1,900名の従業員と共に生産開始を祝った。

COOの志賀は、「日産『マイクラ』の生産開始は、日産のインドにおけるビジネスの新しい一歩となる。インドの自動車市場は急速に成長を続ける市場であるが、私たちはそこで、現地のお客さまのニーズを念頭に置いて設計した車両を販売していく。また、インドで作られる『マイクラ』は、欧州、中東、アフリカなどの戦略的市場にも投入していく。これはインドの生産チームの高い品質スキルがあって初めて可能になるものである。」と語った。

インド日産社長の徳山は、「私たち全員が待ちに待っていた日をようやく迎えることができた。第一号車をオフラインできたことを非常にうれしく思う。チェンナイのアライアンス初の工場への投資に象徴されるように、日産はインドにおいて明確な成長戦略を掲げている。私たちは、インドのお客さまが日産『マイクラ』を始めとする私共の商品を評価いただけると確信しており、また、『マイクラ』を適切なタイミングで市場に投入できたと思う。」と述べた。

新型「マイクラ」は、汎用性の高い新型Vプラットフォームをベースとしており、新興市場、成熟市場両方にアピールするデザインとした。車両設計および実験は日本で行われ、世界中のお客さまの様々な好みやニーズに合うよう、チューニングされる。また、同車は、85%の部品を現地サプライヤー(計96社)から調達しており、その半数がチェンナイを拠点としている。

日産は25日より、インド国内の各販売店において新型「マイクラ」を展示する。また、同車のお披露目以来、多くの反響が寄せられていたことから、同日から各販売店で事前予約も開始することとした。今後も新聞・雑誌、ウェブの他、ラジオやテレビでも広く販売キャンペーンを実施する予定である。なお、新型「マイクラ」のインドでの発売は2010年7月を予定している。

敷地面積640エーカーのチェンナイ工場の建設には、450億ルピー(約900億円)が投資されており、本格稼働後の年間生産能力は40万台となる。当初は1ラインのみで生産を開始し、生産能力は20万台を有するが、2010年度は8万台以上を生産する予定である。

現在の従業員数は1,900名だが、2年以内に3,000名に拡大する予定である。同工場およびサプライヤーパークが完成したことにより、チェンナイでは新たに6,000名の雇用が創出される予定である。

 本工場は、ルノー・日産アライアンスのグローバル生産方式および品質水準を初めて導入した工場である。同生産方式は、両社の考え方やノウハウ、ベストプラクティスを統合して確立された両社共通の生産方式である。同生産方式を採用することにより、両ブランドの車の混流生産が可能となっている。

同時に、日産はチェンナイ工場を世界的な輸出ハブに位置づける方針である。輸出向け「マイクラ」の生産は、2010年7月に開始され、輸出は9月に開始される予定である。輸出先は、欧州、中東、アフリカ等100カ国以上にのぼる予定である。

注:為替レートについては便宜上、最近の為替レート1インドルピー=2円をもとに換算。

日産 マーチ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 マーチ の関連記事

日産 マーチの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 マーチ の関連記事をもっと見る

日産 マーチ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26