autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース GAZOO Racing、レクサスLFAでニュル24時間レースに出場

自動車ニュース 2010/5/12 10:32

GAZOO Racing、レクサスLFAでニュル24時間レースに出場

関連: レクサス

GAZOO Racingは、今週末の5月13日(木)から16日(日)までニュルブルクリンクサーキット(ドイツ、ラインラント・プファルツ州)で開催される第38回ニュルブルクリンク24時間耐久レースに、レクサス LFAで参戦する。

舞台となるニュルブルクリンクサーキットは、隔年でF1ドイツGPが開催されているグランプリコースと、全長20kmにも及ぶノルトシュライフェ(北コース)を組み合わせた1周25kmものロングコース。北コースは、自動車メーカーがスポーツモデルのテストを行うことでも知られる“スポーツカーの聖地”である。こうしたコースで行われる、24時間耐久レースは、“偉大なる草レース”とも呼ばれ、 200台以上もの様々なレース車両がエントリーする。

GAZOO Racingからは、トヨタマスターテストドライバーである成瀬 弘をチーム監督に、2台がエントリー。ドライバーは、50号車は木下 隆之、飯田 章、脇阪 寿一、大嶋 和也。51号車はアーミン・ハーネ、ヨッヘン・クルンバッハ、アンドレ・ロッテラーがステアリングを握る。メカニックはトヨタの社員が担当。過酷なモータースポーツにチャレンジすることを通じて人材育成に活用する。

また、今年のニュル24時間レースに参戦するLFAのカラーリングを発表した。

GAZOO Racing チーム監督 成瀬弘

「ニュル24時間レースへの挑戦も4年目を迎えるが、目的は変わっていない、人を鍛え、クルマを鍛えることだ。今回が初挑戦となる脇阪選手、大嶋選手ともにVLN1、VLN2でしっかりコースを覚えており、他のドライバーは、ニュルを習熟しており大丈夫だ。24時間レースでは、想定外のトラブルにいかに対応できるかが大切だ。チームとして、これまでの課題を含め、今回もやるべきことは全てやってきたので、レース本番では、チーム一丸となって頑張ってくれると信じている」

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス の関連記事

レクサスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス の関連記事をもっと見る

レクサス の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18

  • レクサス
    LS

    新車価格

    854.8万円1,348.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円