autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、第1四半期の営業利益が大幅増

自動車ニュース 2010/5/10 13:04

アウディ、第1四半期の営業利益が大幅増

関連: アウディ
アウディ

アウディグループは、売上の増加率をさらに上回る営業利益を計上して、プレミアムセグメントにおける強さを明確に示した。アウディブランドの各モデルは、第1四半期において、すべての地域で2ケタの販売増を達成。販売台数は、前年同期比25.9%増の264,100台となった。

アウディは第1四半期に、世界中の多くの地域における好調な販売によって業績を伸ばし、大幅な増収/増益を記録している。2010年1月~3月におけるアウディグループの売上高は、前年同期比23.3%増となる82億6,000万ユーロ(2009年:67億ユーロ)となった。

営業利益は、売上高の伸びをさらに上回り、前年同期比30%以上の増加となる4億7,800万ユーロ(2009年:3億6,300万ユーロ)だった。「このような好調な業績は、弊社の全拠点において継続的にコストを最適化するための努力が実を結んでいることを明確に示しています」と、アウディAG財務および組織担当取締役アクセル・ストロットベックは述べている。

売上利益率(ROS)も5.8%(2009年:5.4%)となり、自動車業界におけるアウディの傑出した収益力を示している。

「第1四半期の実績は、2009年の売上高と営業利益を超えるという我々の目標を達成するための健全な基盤となります」と、ストロットベックはコメント。アウディは、販売記録を達成した2008年に引き続き、2010年も再び100万台以上の車両を販売することを目標としている。

アウディは昨年に続き、今年もモデルラインナップを急速に拡大する予定。2010年は、合計で12のニューモデルを市場に投入する。この中には、最近発売された新しいフラッグシップモデルのA8、R8 Spyder、A7 Sportback、そしてアウディが初めてスモールカーセグメントに投入するプレミアムモデル、A1が含まれている。 (R8 Spyderは本年11月に国内におけるデリバリーを開始予定。その他モデルの日本市場導入時期は未定)

A1によって、アウディは初めて、より若い世代および都会のターゲットグループに訴求することになる。A1は、アウディのプレミアムワールドへのエントリーレベルを担当するクルマで、広範囲なカスタマイズオプションを用意して、欧州において8月下旬に発売される予定となっている。今年の1月には、『What Car?』誌の読者投票で、A1が「もっともエキサイティングなクルマ」に選出されている。(日本市場導入時期は未定)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円