autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー、308CCに新型6速ATを搭載

自動車ニュース 2010/5/7 13:37

プジョー、308CCに新型6速ATを搭載

プジョー 308CC

プジョーは、プジョー308シリーズのクーペカブリオレ、「308CC」に6速オートマチックトランスミッションを搭載した新型「308CC」を5月7日(金)より全国の正規販売店網、プジョー ディーラーネットワークにて販売を開始した。

「308CC」は2009年6月に日本導入、スタイリッシュなスポーツクーペとオープンエアモータリングのカブリオレ、という2つのドライビングプレジャーを併せ持ち、電動メタルトップを採用したフル4シーター クーペ・カブリオレモデル。

新型「308CC」は、3月17日よりプジョー オフィシャルホームページ内、スペシャルウェブサイトにて装備・仕様を公開、2ヶ月弱に亘る予約注文を経て本格導入が開始される。

今回、308CCに搭載される新型6速オートマチックトランスミッションは、PSAプジョー・シトロエン社とアイシンAW社との共同開発による新型トランスミッションで、プジョー全ラインアップ中、308CCに初めて搭載される。同トランスミッションは、摩擦ロスを最小化すると共に、優れたパフォーマンスを発揮、スムーズなシフトチェンジと高い静粛性が最大の特徴。さらに2速から6速のロックアップ領域を広げることで、ダイレクトなドライブフィールとクイックなシフトレスポンスを実現している。

また新型6速トランスミッションの搭載と同時に、搭載されているツインスクロールターボエンジンが、欧州の排出ガス規制の新基準「ユーロ5」対応エンジンに変更された。燃費は、これまで308CCに搭載されていた前エンジン(「ユーロ4」対応)と比べると約17.2%も向上している。

また、最高出力が従来の103kW(140PS)から、115kW(156PS)にパワーアップ。装備・仕様については、「CC Premium(プレミアム)」のアロイホイールが16インチから17インチとなった。

 日本に導入されるモデルバリエーションは、前述の「308CC Premium(プレミアム)」、シート、ドア内張り、及びダッシュボードまでレザー仕上げの“インテグラルレザー仕様”を採用した「308CCGriffe(グリフ)」の2種類、いずれも右ハンドルとなる。同モデルのボディカラーは全8色を設定、またインテリアカラーは受注生産色を含めブラック、グレージュ、ヴィンテージの全3色が設定されている。

車両本体価格は「308CC Premium」が420万円で価格据え置き、「308CC Griffe」が5万円高の460万円(消費税込み)となっている。

プジョー・シトロエン・ジャポンでは、同モデルへの新型6速オートマチックトランスミッション搭載を機に、プジョー308シリーズの主要モデルラインアップに、順次新型6速オートマチックトランスミッションを搭載し発表・発売していく予定。2010年にプジョー初のクロスオーバーモデル、またスポーティークーペ等、様々なニューモデルを市場に投入する予定としている。

プジョー 308CC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 308CC の関連記事

プジョー 308CCの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308CC の関連記事をもっと見る

プジョー 308CC の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円