autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、GEと電気自動車用スマート充電技術を共同研究

自動車ニュース 2010/4/27 10:47

日産、GEと電気自動車用スマート充電技術を共同研究

関連: 日産
日産 GE

日産とGEは26日、電気自動車(EV)の普及に向けて、スマート充電技術に関する共同研究を行う覚書を締結した。両社は今後3年間、信頼性が高く、充放電ニーズに柔軟に対応できるシステムを構築するために必要となる新技術に関し、広範囲にわたる研究を行っていく。

本覚書の締結により、両社はスマート充電に不可欠な両社の専門技術を共有していく。GEは、エネルギー分野における世界的リーダーであり、送電網技術分野全般において幅広いお客さまを持っている。日産は、世界の主要自動車メーカーのひとつであり、ゼロ・エミッション車でリーダーになることを目指している。同社のEV『日産リーフ』は、本年12月より、日本、米国および欧州で発売される予定である。

日産とGEは、次の二つの分野に関し、共同研究を進めていく。

1.『EVの蓄電機能を活かした家庭及びビルにおける電力需給コントロール』

2.『大規模な電力供給網を利用したEVへの充電』

GEグローバル・リサーチのシニア・バイス・プレジデント兼所長であるマーク・ リトルは、「過去数年間に加速度的に発展した、EVおよびプラグインハイブリッド車における技術革新は、スマート充電技術の革命をもたらした。自動車、および家庭や職場、送電網の双方におけるスマート充電インフラの実現に向けて、今後求められる技術について、GEは日産とともに総合的に検討していく。」と述べた。

日産の、技術開発担当執行役員である豊増俊一は、「日産のビジョンは、幅広い産業におけるさまざまなパートナーとの協業を通じた包括的なアプローチにより、ゼロ・エミッションモビリティを実現することである。GEとの共同研究では、家庭・ビルや電力網とEVをより有効に接続し活用する為の新たな知見を与えてくれることを期待している。」と語った。

今回の共同プロジェクトは、GEの米ニューヨーク州ニスカユナにあるGEグローバル・リサーチと、日産の米ミシガン州ファーミントンヒルズにある日産テクニカルセンター・ノースアメリカを中心に進めていく。

スマート充電技術とは

先進的な機器・通信・制御技術を用いて家庭・ビル・電力網単位で効率的な電力需給を行いEVに充放電を行う技術。

日産のゼロエミッション戦略について

日産はルノーと共に、「ゼロ・エミッション車で世界のリーダーになる」という目標を掲げており、世界各国の政府や自治体、企業などと合わせて既に50件を超えるゼロ・エミッションモビリティに関するパートナーシップを締結している。

GEグローバル・リサーチについて

GEグローバル・リサーチは、米国で最初の工業研究所であり、世界有数の多様性に富んだ研究開発センターの1つで、GEの全ての事業部門と協力し、世界に革新的なテクノロジーを供給している。 GEグローバル・リサーチは100年以上にわたり、GEのテクノロジーの中核として、医療画像、発電、航空機エンジン、先進材料や照明などを含む様々な分野における革新的な技術を開発してきた。 全世界のGE技術関係者27,000人の約1割にあたる約2,700人の研究者が研究開発活動に携わっており、GEの技術投資は57億ドルに及ぶ。GEグローバル・リサーチはニューヨーク州ニスカユナに本部を置き、インドのバンガロール、中国の上海、ドイツのミュンヘンにも研究開発拠点を設立している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24