autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース F1ドライバーがポルシェ911 GT3 Rハイブリッドをテストドライブ

自動車ニュース 2010/4/16 11:20

F1ドライバーがポルシェ911 GT3 Rハイブリッドをテストドライブ

ポルシェは、911 GT3 Rハイブリッドを5月15日から16日にかけて開催されるニュルブルクリンク24時間レースに向けて、AT&TウィリアムズのF1ドライバーであるニコ・ヒュルケンベルグによるニュルブルクリンク北コースによるテストドライブを4月23日に行う予定です。

ホワイトとオレンジでカラーリングされた911 GT3Rハイブリッドはデビューから2戦目となるニュルブルクリンク・ロングディスタンスチャンピオンシップの第2戦において総合3位でフィニッシュした。

ニコ・ヒュルケンベルグは、今年AT&TウィリアムズからF1デビュー。昨年、GP2シリーズのチャンピオンを獲得した将来有望な若手ドライバーだ。

ニュルブルクリンク・ロングディスタンスチャンピオンシップの第3戦に備えるテストとして、ヒュルケンベルグは北コースで初めてレーシングカーを走らせる。ポルシェが開発したハイブリッドシステムによりエネルギーを蓄えるフライホイールジェネレーターと、ヒュルケンベルグは無縁ではない。このジェネレーターをポルシェからの要求にもとづきウィリアムズ・ハイブリッド・パワー社が設計、製造したからだ。

「このテスト走行は、自分にとって全く新しい体験となるでしょう」と、ヒュルケンベルグは述べる。「私はこれまでのレース人生の中で、フォーミュラカーにしか乗ったことがありません。ですから、ハイブリッドテクノロジーを備えたポルシェがどのような走りを見せるのか、非常に興味があります。」

911 GT3 Rハイブリッドのフロントはそれぞれ60 kWを発生する2基のモーターで駆動され、リヤに搭載された480 PSを発生する4リッター水平対向6気筒エンジンをアシスト。バッテリーを使用する通常のハイブリッド車とは異なり、ドライバーズシートの隣に搭載されたエレクトリカルフライホイールパワージェネレーターがモーターに電源を供給する。バッテリーと比べた場合の利点として、フライホイールジェネレーターは大量のエネルギーをはるかに短い時間で蓄え、放出することができる。

911 GT3 Rの革新的なハイブリッドシステムは、高度な電子制御を備えることで、レースにおいて最適な効率を自動的に発揮。エンジンとモーターの組み合わせは、パフォーマンスに妥協することなく燃料消費量を減らすという明快な目標を達成する。ドライバーは、追い越しやコーナー脱出時にステアリングホイールのブーストパドルを操作することで、フライホイールジェネレーターに蓄えられたエネルギーをフロントアクスルへ供給することができる。この120 kWのパワーブーストは約6~8秒間使用することができる。

ニコ・ヒュルケンベルグのテスト走行は、4月23日の14時30分ごろから約1時間行われる予定。

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円