autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産・ルノーとダイムラー、資本業務提携を発表

自動車ニュース 2010/4/7 16:01

日産・ルノーとダイムラー、資本業務提携を発表

ルノー・日産アライアンスとダイムラーAGは7日、ベルギー ブリュッセルにおいて戦略的提携を発表した。両グループが協業することで、具体的なプロジェクトから、ベスト・プラクティスの共有まで、幅広い分野において、短期間でシナジー効果創出を狙う。両グループは同時に、株式の交換による相互出資を発表した。具体的には、ルノー・日産アライアンスがダイムラー株を3.1%、ダイムラーがルノー株及び日産株を各3.1%保有する。

ダイムラーAG取締役会長兼メルセデス・ベンツ会長のディーター ツェッチェは、「ダイムラーとルノー・日産アライアンスは、複数の具体的且つ、優れた共同プロジェクトを土台とする、確かな戦略に基づく、大きな可能性を秘めた関係を築くことに合意した。両グループには高い補完性があり、力を合わせることで、当社は速やかに小型車セグメントで長期的な競争力を向上するとともに、CO2排出量削減が実現できる。我々は、共通の設計思想の下で、それぞれのブランドに沿った商品を開発することができると信じている。ブランド・アイデンティティを損なうことは一切ない」と語った。

ルノー・日産アライアンスの会長兼CEOのカルロス ゴーンは、「ルノー・日産アライアンスは、長年に亘る経験から、アライアンス・パートナーと協業する術を熟知しており、これは現在だけでなく将来においても、グローバル自動車業界で戦っていく上でたいへん貴重なノウハウである。今回の合意で、戦略的なパートナーシップを更に拡充し、商品ラインアップの強化、リソースの有効活用、革新的技術の開発を通じ、両グループが将来的に発展する上で必要な長期的価値を生み出していく」と語った。

これまでの建設的で集中した協議の結果、両グループは下記プロジェクトについて合意し、今後速やかに実行に移す。

小型車向けに共通した新設計思想

現行スマート・フォートゥー(2人乗り)、スマート4人乗り仕様の後継モデル、及び次世代ルノー トゥインゴは共同開発される設計思想に基づく車体構造を採用する。どの商品も、異なるデザインを有する。新たな設計思想の主な特徴の一つは、現行スマートが採用するユニークな後輪駆動方式である。

共同開発モデルは2013年以降の投入を予定している。現在スマートを生産しているフランスのハンバッハ工場で2人乗りを生産する一方、ルノーのスロベニアのノヴォ・メスト工場で4人乗りを生産する予定である。本共同開発モデルは、電動モデルも同時期に用意される。

パワートレイン

パワートレインの領域では、三社間で、高効率のディーゼルエンジンとガソリンエンジンの共用化を進める。

ルノー・日産アライアンスは3気筒と4気筒のガソリンエンジン及びディーゼルエンジンをダイムラーに供給し、メルセデスの独自仕様に適用する。その結果、ダイムラーはメルセデス・ベンツのプレミアム・コンパクト・カーの販売拡大が期待でき、ルノー・日産アライアンスは工場の稼働率向上を実現し、双方にとってウィン・ウィンとなる。

ダイムラーは、インフィニティの現行モデル向けに、4気筒、6気筒を含むガソリンエンジンとディーゼルエンジンを供給する。その結果、インフィニティはダイムラーのエンジンを活用し、ダイムラーは工場の稼働率を向上させることができる。

三社は今後もガソリンエンジンとディーゼルエンジンの共同開発を進める。共同開発される新型エンジンの生産は、三社にとって最適の生産工順を考慮し、後日決定される。

エンジン領域における協業は、それぞれのブランド・商品のアイデンティティを尊重すると同時に、コスト競争力を目的に進める。まずはブランドに影響しない、構成部品の標準化を促進し、各社に大きなコスト削減効果を生み出す。次に、ブランド固有の技術を採用し、各ブランドの要件を満たす。

この様に、飛躍的な台数増、規模の経済、そして開発費の分担を通じて、各社の競争力を向上させることが最大の目的である。

小型商用車

両グループは小型商用車の分野でも協力することに合意した。メルセデス・ベンツは、2012年以降エントリーレベルの商用バンを小型商用車ラインアップに追加する。新型商用バンは、ルノーの技術を採用し、ルノーのモーブージュ工場で生産する予定である。両社共に台数増、稼働率の最適化、コスト分担によるメリットを享受する。

小型商用車領域での協業に加え、中型バンのラインアップの拡充と台数増を目指し、一部のパワートレインを共用する。ルノー・日産アライアンスが、中型バンのメルセデス・ベンツ ヴィト向けに小型ディーゼルエンジンとトランスミッションを供給する。その結果、メルセデス・ベンツは台数増、ルノーは稼働率向上を実現する。

株式の交換による相互出資

一度限りの相互出資が、今回のパートナーシップをより確かなものにする。相互出資により、三社は長期的な互恵関係に基づき、共有、ベンチマーク、シナジー効果の創出を促進する。日産・ルノーアライアンス及びダイムラーは、お互いに3.1%相当の株式を持ち合う原則に立っており、これは以下の方式で実行される。

•ダイムラーは3.1%相当のルノーの新規発行株を取得する。

•ルノーは同社が保有する3.1%相当の日産の発行済み株式をダイムラーに譲渡する。

•ルノーはダイムラー株の3.1%を取得する。

•ルノーはこの内1.55%のダイムラー株を、日産との合意に基づき、日産が保有する日産株2%と交換する。

•これによりルノーと日産はそれぞれダイムラーの自己株式の1.55%を取得することになる。

4月6日時点のルノー、日産、ダイムラーの評価額は、それぞれ105億ユーロ、297億ユーロ、377億ユーロとなる。各社間で協業期間中、5年を上限に資本関係を固定することに合意している。

この戦略的協力は、新たに発足するコーポレーション・コミッティを通じて、ルノー・日産BVによって運営される。当コーポレーション・コミッティは、カルロス ゴーンとディーター ツェッチェが共同で議長を務め、三社の上級役員で構成される。

協業分野拡大の可能性

両グループは、将来的な協業の可能性を見据え、長期的な協力関係の枠組みを構築する意向である。既に合意した、あるいは合意予定の共同プロジェクトの実行に続き、今後も更に協業する分野を拡大すべく、あらゆる可能性を検討する。例えば、インフィニティとメルセデス・ベンツの共通モジュールや構成部品、米・中・欧におけるニッサン、インフィニティ、ダイムラーの協業などが挙げられる。加えて、電気自動車とバッテリー技術の共同開発の可能性を三社で模索する。

ルノー・日産アライアンス

1999年発足した、世界第4位の自動車グループ。2009年(暦年)のグローバル販売台数は610万台。グローバル自動車業界で最も成功している長期的なパートナーシップであり、業界を問わず、あらゆる協力関係のベンチマーク。従業員数35万人。2009年の売上高は865億ユーロ。190カ国以上で事業を行う。ダチア、インフィニティ、ニッサン、ルノー、ルノー・サムスンとグローバルで5つのブランドを展開。ルノーSAと日産自動車株式会社という、個別の取締役会と企業統治システムを有する二つの独立した上場会社(パリ株式市場・東京証券取引所)から成る。この11年間で、中国の東風汽車、ロシアのアフトヴァズ、インドのマヒンドラ・マヒンドラ、アショック・レイランド、バジャージ・オートとの間にそれぞれ合弁事業を設立。2010年後半に世界初の量販電気自動車日産リーフを発売予定。アライアンス全体で、日産リーフを含む、8車種以上の電気自動車を投入し、ゼロ・エミッション・モビリティ革命を目指す。

ダイムラーAG

世界で最も成功している自動車会社のひとつ。メルセデス・ベンツ、ダイムラー・トラック、メルセデス・ベンツ・バン、ダイムラー・バス、ダイムラー・フィナンシャル・サービスから成るダイムラー・グループは、世界最大のラグジュアリー・カー・メーカーの一つであり、世界最大手の商用車メーカーでもあるグローバル企業。ダイムラー・フィナンシャル・サービスは、金融、リース、保険、法人契約を含むフルラインアップのサービスを提供。1886年、創業者のゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツは、自動車を発明し、歴史に名を残した。同社は自動車のパイオニアとして、モビリティをリードし続け、革新的な環境技術と、安全で優れたクルマづくりを通じて、人々に感動を与えている。オルタナティブ・ドライブ・システム(Alternative drive system)の開発で、長期的なゼロ・エミッション・モビリティを目指し、ハイブリッド、電動モーター、燃料電池システムに投資する唯一の自動車メーカー。社会・環境に対する取り組みを積極的に行っている。世界各国で商品を販売し、5つの大陸に生産拠点を持つ。世界一評価の高いメルセデス・ベンツをはじめ、スマート、マイバッハ、フレイトライナー、ウェスタンスター、三菱ふそうトラック・バス、セトラ、オリオン・バス・インダストリー、トーマス・ビルト・バス等、複数のブランドを展開。フランクフルト証券取引所、ニューヨーク証券取引所、シュトゥットガルト証券取引所(名称DAI)に上場。2009年のグローバル販売台数は160万台。従業員数は25万6千人以上。売上高は789億ユーロ。利払い前の税引前当期利益は15億ユーロ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/18~2017/12/18