autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マセラティ、グランカブリオを発表

自動車ニュース 2010/4/2 09:46

マセラティ、グランカブリオを発表

マセラティ グランカブリオ

マセラティの日本総代理店コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、マセラティ初の4シーター・コンバーチブル「マセラティ グランカブリオ」を発表した。車両本体価格は1,850万円(税込)。デリバリーは6月初旬を予定している。

4ドアセダン「クアトロポルテ」、2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」に続く第3のモデルとなる「グランカブリオ」の誕生により、マセラティはトライデントの三叉槍が揃い、セダン、クーペそしてコンバーチブルのフルラインアップが完成した。

ピニンファリーナによる独特のスタイリングと広い室内、細部にまで息づくクラフトマンシップ、そしてドライビングプレジャーと卓越した走行性能-。オープントップカー「グランカブリオ」は、まさにマセラティの真髄を体現している。ベースモデルである「グラントゥーリズモS オートマチック」の快適性と走行性能はそのままに、オープンエアを体感し、五感を豊かに刺激。「グランカブリオ」は本物を知る大人のためのスペシャルカーとして登場した。

「グランカブリオ」は、マセラティオープンモデルの伝統を継承し、「A6Gフルア・スパイダー」(1950年)、「3500GT ヴィニャーレ スパイダー」(1960年)、「ミストラル・スパイダー」(1964年)、「ギブリ・スパイダー」(1968年)、そしてマセラティがアメリカ市場への復帰を果たした2001年の「スパイダー」などと共に、マセラティの輝かしい名車の歴史に名を連ねることになる。

モデナのマセラティの工場から初めて生まれた4シーター・コンバーチブル「グランカブリオ」は、伝統を守りながらもマセラティの新たな時代を開こうとしている。室内にはゆったりとした4人分のシートが確保され、後部座席はドライブの“脇役”ではなく“共演者”として位置付けられている。

「グランカブリオ」はマセラティの誇る4.7リッターV8エンジンと、6速オートマチックトランスミッションを搭載。また、スポーツモードでは最高出力440psV8エンジンのパワーを体感するだけでなく、ルーフを開ければマセラティ特有のスリリングでエキサとエキ感するだけでなく、ルーフを開ければマセラティ特有のスリリングでエキサとエキ感するだけでなく、ルーフを開ければマセラティ特有のスリリングでエキサとエキ感するだけでなくNf@A けでなくNffbmms" data-への復帰を果たした2001年の" るdata-numpostNf2" data-width="100%"イダ デリバリーofficialAccount

< 。

< けimg alt=" てユン公式息にcript> てユン公式息にcript> け るオiframe るだsrcの復帰www.facebook.m/v2.0/pluginske.php?へ復s帰www.facebook.m/をONEし&れout=button_count&show_faces=&width=450&a最=ke&colorscheme=ght&heght=21&locale=ja_JP" るだscrばけ="no" frameborder="0" るだstyle="border: nた; overflow: hィen; width: 120px; heght: 21px;" るだぁowTranparency=""iframeサ るオaへの復s帰twit。.m/をONE"リーtwit。-foow-button" るだdata-show-count=""data-la="ja" るだdata-show-screen-nameNffals"data-dnt="">ttp://auデ輝ッシチ ル!は最d, s,㫘 ル var js,fjs = d.だElemsByTagName(s)[0p = /^復 ル test(d.loca最) ? '復' : '復s'; ル if (!d.だElemById(㫫 ル js = d.createElem(s); ル js.id = id; ル js.src = p ル + '帰tform.twit。.m/widだs.js'; ル fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs); ル } ル}(documまたtwit。-wjs'); ルッターサ るオ るだ