autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョースクーター、レトロでオシャレなジャンゴなど新型モデルを発売

自動車ニュース 2018/4/19 07:00

プジョースクーター、レトロでオシャレなジャンゴなど新型モデルを発売

関連: プジョー
プジョースクーター DJANGO(ジャンゴ)

ADIVA株式会社は「プジョースクーター」の新型モデルの予約受注を2018年4月21日(土)より開始する。

【プジョースクーターとは】

1898年、ディオン・ブートン・エンジンを搭載したプジョー初のモーターサイクルを第7回パリモーターショーで発表。その後、さまざまな市販モデルを開発しながらも、マン島TT、ボルドール耐久、ツールドフランスなどモータースポーツでも活躍し、世界中にその名を広めた。120年の歴史を誇る、現存する世界最古のモーターサイクルブランド。プジョーのスクーターは、古き良き伝統と現代フランス文化の融合による個性で、唯一無二の存在感を発している。

>>新型モデルを画像でチェック!

DJANGO(ジャンゴ)

プジョースクーター DJANGO(ジャンゴ)

丸いヘッドライトと豊かで流れるようなボディラインが美しい「ジャンゴ」は、1950年代のプジョーS55、S57を現代に復刻させた、125ccのネオレトロスクーター。クラシカルなスタイルながらも現代的な装備もしっかり備えている。フランス車らしい座り心地の良い大きなシートとたっぷりの収納力で、タンデムでの小旅行も楽々こなす。

価格:35万9640円~38万1240円(消費税込)

SPEEDFIGHT(スピードファイト)

プジョースクーター SPEEDFIGHT(スピードファイト)

1997年にデビューし、スポーツスクーター市場を席巻したスピードファイトシリーズ。その第4世代である「スピードファイト」は、大人のライダーのために設計されたモデル。軽量でコンパクトな車体に、8.1kW(11ps)を発生するパワフルな水冷Smart Motionエンジンを搭載し、スポーティな走りを可能にする。スピードファイトシリーズのアイコンである、アグレッシブなデザインのデュアルLEDヘッドライトも特長だ。

価格:36万720円(消費税込)

CITYSTAR(シティスター)

プジョースクーター CITYSTAR(シティスター)

ゆったりとしたボディで、日常の移動に彩りを添える「シティスター」シリーズ。トルクフルな水冷125ccエンジン、調整可能なショックアブソーバー、人間工学に基づいたライディングポジションなど、プジョーの優れた技術が快適な走りを支える。広いシートが、ライダーだけでなくパッセンジャーの快適性も確保。シート下には、ヘルメット2つを入れられる余裕の収納スペースを持っている。

価格:38万1240円~39万9600円(消費税込)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー の関連記事

プジョーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー の関連記事をもっと見る

プジョー の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2018/4/21~2018/5/21

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    357万円429万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円