autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 今年の花粉は去年の1.5倍!?自分でできるクルマの花粉対策

自動車ニュース 2018/2/19 16:39

今年の花粉は去年の1.5倍!?自分でできるクルマの花粉対策

BOSCHが伝授するクルマの花粉対策

※イメージ

2018年春の花粉飛散予測※1は昨年の1.5倍と言われており、3~4月にかけた長い期間、花粉症の方にはつらい時期になります。また、例年3~5月にピークを迎える黄砂※2も含め大気中に浮遊物が増え、煩わしい時期と言えます。

外出時や室内での花粉・黄砂対策はよく知られていますが、狭く密閉された車内の対策を見逃していませんか?そんな花粉や黄砂でいっぱいの外気から車内の空気を守っているのがエアコンフィルターです。フィルター交換は面倒というイメージがありますが、多くのケースが助手席前方の収納ボックス(グローブボックス)奥にあるカバーを取り外す(車種によっては収納ボックスを外す)だけの非常に簡単な方法で、車検のタイミングまで待たなくても花粉や黄砂の時期や季節の変わり目など、気になったらすぐに自分で交換が可能です。

一般的に車用エアコンフィルターは1年経つとそれらの粒子が目詰まりを起こし、フィルターの機能が低下するために定期交換が必要です。そこで注意ですが、家のエアコンや掃除機のフィルター掃除の様に、使用した車用エアコンフィルターに掃除機をかけたり、叩いて再利用すると、フィルター本体を破損したり、また、フィルター本来の除塵、脱臭機能が回復しません。そのため、1年毎に新品交換が必要になります。

エアコンフィルターには多くの機能やタイプがありますが、良いエアコンフィルターの特徴は、臭い、花粉、黄砂、PM2.5だけでなく、更に細かい粒子のガス粒子、細菌・カビを取除き、繁殖させず、同時に空気の流れを妨げないことです。さらに高機能のエアコンフィルターはウイルスとアレル物質の繁殖を防ぎます。

家庭で簡単にできる、5つの車内花粉・黄砂対策

マツダ 新型CX-8

(1)まず掃除機で車内の花粉・黄砂を吸い取る

空気中を浮遊していた花粉が下に落ちた状態で、花粉や黄砂を舞い上げる前にシートの隙間や縫い目、足元のマットなどホコリやごみと一緒に掃除機で吸い取ります。

(2)水拭きで花粉・黄砂を拭き取る

乾燥しているダッシュボードなど、静電気でホコリや花粉が付着し易い場所です。フロントガラスとの隙間やスイッチの凹凸なども花粉や黄砂が溜まりやすいので、水分をよく絞った布などで隅々まで拭き取ります。

(3)乗車前に花粉・黄砂をはたき落とす

家に入る前と同じく、車に乗る前に衣類に付着した花粉や黄砂をはたき落とし、極力花粉や黄砂の侵入を防ぎます。

(4)高機能エアコンフィルターに簡単交換

全国カー用品店などで販売している高機能エアコンフィルターに交換。花粉やほこりを除去し、微小粒子(PM2.5)の除去にも効果を発揮するタイプのものを選びます。交換方法も非常に簡単なので室内エアコンフィルターの掃除と同じ様に季節の変わり目などの交換がおすすめです。

(5)エアコンは内気循環モード

外気導入モードは車外の空気を取り込むため※3、空気と一緒に花粉も車内へ入ってきます。花粉症の季節はできるだけ花粉の侵入を防ぐため常に内気循環モードにする事で、エアコンフィルターが空気清浄機と同様の働きをし、チリ、ホコリ、花粉、黄砂、ダニなどを取り除く事ができます。

※1 参考元:日本気象協会 2018年春の花粉飛散予測(第3報)

※2 気象庁調べ

※3 現在使用されているフィルター性能にもよります

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!