autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 須藤元気プロデュース!“一騎討ち”のモトジムカーナ開催…参加者募集中

自動車ニュース 2018/2/16 12:18

須藤元気プロデュース!“一騎討ち”のモトジムカーナ開催…参加者募集中

須藤元気氏

オートバイ用品の小売・開発を行う株式会社ナップスは、2018年4月8日(日)に大磯ロングビーチで開催される、ライダーのためのモータースポーツの祭典「モトジムカーナ2018」の競技参加者の一般募集を開始した。

同イベントは、これまで10年以上開催してきたナップス主催のライダーイベント「NRM(ナップス ライド&ミート)」(動員実績:毎年約4000名)を、須藤元気氏プロデュースの新企画としてパワーアップして開催するもの。今年は一騎討ちトーナメント方式のジムカーナ大会を開催するほか、メーカーのブース出展やニューモデル試乗会、豪華ゲストによるトークショーなど様々なイベントを実施する。

目指したのは“誰でも分かりやすくて、カッコイイ”魅せるジムカーナ

ジムカーナは舗装路面にパイロン等で設定されたコースをオートバイで走行し、タイムを競うモータースポーツ。出場するためのライセンスも必要なく、普段乗っているオートバイで気軽に参加することができるため、取り組みやすいモーターサイクル競技の一つである。日常の運転技術とも関わりが深く、危機回避能力の向上や事故防止にも繋がることから、全国各地で大会が開催されている。

今回新たに開催する「モトジムカーナ2018」では、通常のタイムを競い合う試合形式とは異なり、二者が同時にスタートし競う業界では珍しい「一騎討ち」の形式を新たに取り入れた。勝敗が分かりやすく、見た目にもカッコ良い、誰もが楽しめる新たな“魅せるジムカーナ”の大会を須藤元気氏がプロデュースする。

 

「若者のバイク人口を増やし、バイク業界を盛り上げたい」

高校時代からバイク好きだった須藤元気氏は、格闘家引退後再びバイクにハマり、生活の半分を費やしレースに出場するほどバイクに熱中。そしてレースの次にハマったのがジムカーナだった。

近年、高齢化なども影響し国内の二輪車販売台数は1980年代のピーク時の8分の1に落ち込み、若者のライダーも減ってきている。

ジムカーナの面白さや奥深さにのめり込んだ須藤元気氏は、「この敷居の低いジムカーナで、バイク業界を盛り上げられないだろうか。特にバイクに乗らなくなった若者や、今まで乗ったことのない若者にもバイクの魅力を伝えやすいのではないか」という思いを巡らせ、今回のモトジムカーナの構想がスタートした。

オートバイ競技を一般の人が見ていても面白い、魅力的なイベントへ。そうして生まれたのが一騎討ちスタイルの「モトジムカーナ」である。

大会プロデュースにあたり、須藤元気氏が最もこだわったのは「分かりやすさ」だった。

この新しい競技「モトジムカーナ」が、これまでオートバイに興味の無かった若年層への興味歓喜となり、バイク業界全体が盛り上がることを期待している。目指すは世界展開!最終的にはMotoGPのような世界規模の大会に成長することを目指していく。

「MOTO GYMKHANA 2018」開催概要

日時:2018年4月8日(日)9:00~16:00(予定)

場所:大磯ロングビーチ 第一駐車場

主催:株式会社ナップス

協力:モーターマガジン社/二輪ジムカーナ主催者団体協議会

モトジムカーナ 2018 競技参加者 募集要項

受付期間:2月15日(木)~3月11日(日)

参加条件:20歳以上のオートバイの免許を持ち、自身のオートバイを用意できること

参加費:5000円

※参加者にはオリジナルモトクロスジャージをプレゼント

エントリー定員:60名

※定員オーバーの際は、主催者による選定にて出場者を決定(出場決定後に参加費振込後本決定とする)

参加費決済方法:銀行振込

※振込口座は、エントリーされた際のメールアドレスへ連絡

※参加費は本決定連絡後(メール)銀行振込

当日の流れと競技ルール

モトジムカーナ2018 コースイメージ

練習:出走前、所定のウォーミングアップコースでスタッフの指示に従い走行。指定場所以外でのウォーミングアップ禁止

予選:予選1本走行のタイム上位より、4クラス各8名の本戦出場選手選出

本戦:ツインコースによる一対一のシグナル同時スタート

4クラスのトーナメント方式での1ヒート勝ち残り(3位決定戦あり)

※必ずWEBサイトで詳細を確認の上申し込み手続きを行って下さい

https://www.naps-jp.com/web/event/motogymkhana/

須藤元気

1978年、東京生まれ。拓殖大学大学院地方政治行政研究科修了。元総合格闘家。

現在、拓殖大学レスリング部監督。2012年より世界学生レスリング日本代表監督を兼任。

2015年には日本オリンピック委員会レスリング競技強化スタッフに就任。

2009年にパフォーマンスユニットWORLD ORDERを立ち上げるなど、アーチストとしての活躍の場も拡げている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!