autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース デジタルものづくり企業のカブク、自動運転ベンチャーティアフォーのAIモビリティ「Milee」のデザイン・製造をサポート

自動車ニュース 2017/12/14 12:55

デジタルものづくり企業のカブク、自動運転ベンチャーティアフォーのAIモビリティ「Milee」のデザイン・製造をサポート

AIモビリティ「Milee」

デジタルものづくりマーケットプレイスを行うカブクは、大学発ベンチャー企業でオープンソースの自動運転ソフトウェアを開発するティアフォーと協業し、デザインとオンデマンド製造サービスにて支援することを発表した。

協業の第一弾として、カブクは、ティアフォーが開発を進めるAIモビリティ「Milee」のデザイン、製造をサポートした。Mileeは、自動運転EVとして、市街地でのライドシェアや物流での利用が期待されている。

この協業では、カブクのデジタルものづくり技術を活用することで、車両ボディのデザイン・設計から試作・製造の工数を従来と比べて大幅に削減し、これまでにない超短期間での車両開発を実現した。

これにより多様な顧客ニーズやカスタマイズニーズに迅速に応える車両ボディの開発と生産が可能となり、ティアフォーが今後目指す自動運転モビリティのエコシステムの構築を支援する。

カブクは、全世界に構築した300以上の工場ネットワークにより、産業用3Dプリントや切削、射出成形など多種多様な工法や素材を組み合わせたオンデマンド製造サービスを提供し、デザイン・設計・製造を包括的にサポートする新たなものづくりを推進している。

自動運転プラットフォームのティアフォーは、自動運転技術をオープンソースソフトウェアとして全世界に公開することで、多数のメーカー、大学等の研究機関に自動運転技術の開発プラットフォームを提供する大学発ベンチャーで、既に国内外の100社以上の導

AIモビリティ「Milee」

株式会社ティアフォーついて

東京大学情報理工学系研究科准教授で、名古屋大学未来社会創造機構客員准教授も兼任する加藤真平氏が中心となって設立された大学発ベンチャー。最先端の研究成果をいち早く取り込み、オープンソースソフトウェアとして全世界に公開することで、多数のメーカー、大学等研究機関に自動運転技術の開発プラットフォームを提供し、自動運転の早期実用化に貢献。また、自動運転EVの開発、自動運転技術を用いたライドシェアや物流ビジネスの構築にも注力し、ヒトもモノも安全で快適に移動できる社会の実現を目指す。直近ではオープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」をベースとした自動運転システム開発や、Autowareを活用するためのコンピュータ、センサーの販売、この分野で利用する人工知能(AI)の無償提供やデータの処理や解析などを手がける。既に国内外の100社以上の導入実績がある。

株式会社カブクについて

カブクは、デジタルものづくり技術をコアテクノロジーとした、ハードウェアとソフトウェアとデザインを融合したプロダクト・サービス開発を行っている。

試作・特注品・量産のオンデマンド受託製造サービス、デジタル工場向け基幹業務クラウドサービス、デジタルものづくりマーケットプレイス、その他エンタープライズ向けソリューションなどの提供、産官学連携による先端技術研究等に携わっている。これまで、トヨタ、ホンダ、オリンパス、マイクロソフト、スクウェア・エニックス、ロフト、フジテレビ、TBS、電通、博報堂、日本通運、ローランド・ベルガーとの協業実績がある。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!