autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ジャガー、Fペイス 2018年モデルの受注を開始…2リッターガソリンエンジンを追加

自動車ニュース 2017/12/4 10:27

ジャガー、Fペイス 2018年モデルの受注を開始…2リッターガソリンエンジンを追加

ジャガー Fペイス2018年モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー Fペイス 2018年モデルの受注を2017年12月1日より開始した。

Fペイス 2018年モデルでは、軽量で高効率のパフォーマンスを生み出す2リッター直列4気筒INGENIUMガソリンエンジンを導入する。

この新型ガソリンエンジンは、特性の異なる2つのパフォーマンス(最高出力250馬力、最大トルク365Nmまたは最高出力300馬力、最大トルク400Nm)を実現。これによりFペイスのエンジンラインアップは、2リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(最高出力180馬力、最大トルク430Nm)と3リッターV型6気筒スーパーチャージドガソリンエンジン(最高出力380馬力、最大トルク450Nm)を含む4種類となった。

最高出力250PS・最大トルク365Nmを発揮する2リッター4気筒INGENIUMガソリンエンジンを搭載し、ラグジュアリーなインテリアが特徴の「PORTFOLIO」を新グレードとして追加し、全9機種のラインアップとなった。

ジャガー Fペイス2018年モデル

インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」にはオプションで通信機能を新たに導入し、スマートフォンのアプリを介して車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことが可能となった。

また、デュアルビュー機能を新採用し、運転席と助手席の乗員が同時に異なるコンテンツを10.2インチタッチスクリーン上で見ることができるなど、利便性や快適性が向上した。

安全面では、車の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示し運転操作をサポートするサラウンドカメラシステムを強化し、フォワードトラフィックディテクションを新たに採用することで、視界が遮られる場所などで前方に進む際の衝突回避をサポートする。

実用性の高さもFペイスの特長で、通常時は508リットルのラゲッジルームを装備し、新たにオプション設定されたタイヤリペアキットを選択すると650リットルに拡大する。

また、40:20:40の分割可倒式リアシートにより、乗車人数や荷物の量に合わせたアレンジも可能。リアシートをすべて倒せば、最大1740リットルのラゲッジスペースを確保できる。

さらに、2016年に50台限定で導入したFペイス ファーストエディション専用の22インチ 15スポーク スタイル1020 アロイホイール(グレーフィニッシュ・コントラストインサート)をオプションに追加し、ダイナミックなデザインを際立たせ、卓越したドライビングパフォーマンスを提供する。

価格(消費税込)は、2リッターターボディーゼルモデルが640万円~729万円、2リッターターボガソリンモデルが648万~800万、3リッタースーパチャージャーガソリンモデルが982万円となる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー Fペイス の関連記事

ジャガー Fペイスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー Fペイス の関連記事をもっと見る

ジャガー Fペイス の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2018/4/26~2018/5/26

  • ジャガー

    新車価格

    451万円764万円

  • ジャガー
    XJ

    新車価格

    1,149万円2,123.4万円

  • ジャガー
    XF

    新車価格

    605万円1,147万円