autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ランドローバー、レンジローバーイヴォーク 2018年モデルの受注開始

自動車ニュース 2017/11/27 12:38

ランドローバー、レンジローバーイヴォーク 2018年モデルの受注開始

ジャガー ランドローバー RANGE ROVER EVOQUE
ジャガー ランドローバー RANGE ROVER EVOQUEジャガー ランドローバー RANGE ROVER EVOQUEジャガー ランドローバー RANGE ROVER EVOQUEジャガー ランドローバー RANGE ROVER EVOQUE画像ギャラリーはこちら

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「レンジローバーイヴォーク」2018年モデルを、2017年11月22日より受注を開始した。

レンジローバー イヴォーク 2018年モデルは、ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけたインジニウムエンジンを全ての機種に導入し、ディーゼルエンジンを新たにラインアップに追加。2018年モデルでのみ生産する、デザイン性を強調した「RANGE ROVER EVOQUE LANDMARK EDITION」も発売し、全16機種の展開となる。

価格(消費税込)は、ガソリンモデルが502万円~835万円、ディーゼルモデルが521万円~855万円となる。

新しく採用したINGENIUM 2リッター直列4気筒ターボチャージドガソリンエンジン(最高出力240PS・最大トルク340Nm)とINGENIUM 2リッター直列4気筒ターボチャージドディーゼルエンジン(最高出力180PS・最大トルク430Nm)2種類のエンジンは、どちらも燃費性能に優れており、ガソリンエンジンは、先代モデルのエンジンと比較して15%の燃費向上を実現した。ドライバビリティの進化にも高いエンジン性能を活かし、ガソリンエンジンでは1250rpmという実用的な回転域で最大トルクを発揮する設定をしているため、高速道路での走行において、より力強い加速やスムーズな車線変更が可能。

>>新型レンジローバーイヴォークの画像をもっと見る

オプションで選択できる装備も、さらに充実している。インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」にコネクティビティ機能を導入し、スマートフォンのアプリを介して車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことが可能。また、自動緊急ブレーキやレーンキープ・アシスト、アドバンスド・パークアシストなどのドライバー支援システムを搭載したアドバンスド・ドライバーアシスタンス・パックや、内外観の魅力を一層引き立てるパノラミックグラスルーフを含めたラグジュアリー・パックなど、パッケージオプションも豊富に用意している。

レンジローバーイヴォーク ランドマークエディションについて

「SE PLUS」をベースに2018年モデルのみで展開され、エクステリア・カラー(モレーヌブルー、ユーロンホワイト、コリスグレイの3色から選択可能)と、カルパチアングレイのコントラストルーフがデザインを際立たせる、ダイナミックなボディスタイルのモデル。

19インチのグロスダークグレー・フィニッシュ・ホイール、グラファイトアトラス仕様のダイナミックグリル、アウタートーアイカバー、ボンネットルーブルを装備し、インテリアにはルナステッチを施したエボニー、センターコンソールにはダークサテンブラッシュド・アルミニウム・フィニッシャーを採用している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事

ランドローバー レンジローバーイヴォークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/12/24~2018/1/24