autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、アウトランダーPHEVの特別仕様車を設定…予防安全技術e-Assistなどを装備

自動車ニュース 2017/11/16 16:12

三菱、アウトランダーPHEVの特別仕様車を設定…予防安全技術e-Assistなどを装備

三菱 アウトランダーPHEV 特別仕様車「G Limited Edition」

三菱自動車は、アウトランダーPHEVに特別仕様車「G Limited Edition(リミテッドエディション)」を設定し、11月16日より発売した。価格は382万6440円(消費税込)。

特別仕様車「G リミテッドエディション」はエントリーグレード「M」をベースとし、ユーザーから要望の多い予防安全技術e-Assistや、100V AC電源(1500W)などを装備しならが、お買い得な価格設定とした。

Gアウトランダー PHEV G リミテッドエディション概要

予防安全技術e-Assist

◇以下を標準装備し、サポカー対象とした。

・衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)は、前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減または回避する。

・車線逸脱警報システム(LDW)は、車線を外れそうになると警報で注意を促す。

・レーダークルーズコントロールシステム(ACC)は、認識した先行車の減速・停止に自動追従し、設定した車間距離を保ち、衝突の危険性を減らす。

・オートマチックハイビーム(AHB)は、対向車両・前方車両の有無、道路周辺の明るさなどに合わせ、自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の視認性を高める。

◇シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制し、衝突被害を軽減する誤発進抑制機能(前進&後退時)とパーキングセンサー(フロント/リア)をメーカーセットオプション設定した。これにより、サポカーSワイド対象となる。

機能装備

人気メーカーオプションである100V AC電源(1500W)を標準装備とし、外出時や非常時に駆動用バッテリーに充電した電力を情報機器や生活家電などを利用することができる。

ステアリングヒーターや自動防眩ルームミラー、雨滴感応オートワイパーを装備し、快適なドライブをサポートする。

エクステリア

18インチラウンドリムタイプアルミホイール及び225/55R18タイヤ(マッド&スノー)とLEDフォグランプを採用し、高級感のある外観とした。

ボディカラーは、ホワイトパール(有料色)、ブラックマイカ、スターリングシルバーメタリックの全3色を設定している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダーPHEV の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15