autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ジャガー、新型Fタイプの受注開始…300馬力の2リッターエンジンを初搭載

自動車ニュース 2017/10/2 16:49

ジャガー、新型Fタイプの受注開始…300馬力の2リッターエンジンを初搭載

ジャガー Fタイプ コンバーチブル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンはF-TYPE(Fタイプ)の2018年モデルを9月30日より受注開始した。価格(消費税込)は、クーペが794万円から1787万円、コンバーチブルが959万円から1952万円となる。

新型Fタイプには新たに、設計から生産まで自社で手がけた2リッター4気筒インジニウムガソリンエンジン(最高出力300馬力)が追加され、大幅にラインアップが拡充された。

>>Fタイプ2018年モデルの写真を見る

エクステリアではLEDヘッドランプやフロントバンパーに新デザインを採用し、世界中で160近くの賞を獲得したFタイプの特徴的なデザインをより際立たせている。

また、軽量マグネシウムフレームを使用した新開発のパフォーマンスシートにより、足元のスペースを確保するとともに8kg以上の軽量化を実現させた。

コネクティビティ機能も強化しており、高速かつ直感的なタッチ操作により利便性を提供する最新インフォテインメント・システム「InControl TouchPro」をFタイプでは初めて全グレードに標準装備する。

さらに、GoPro社と共同開発した「ReRun」アプリに対応している。これは、自分だけのドライビング・エクスペリエンスがリアルタイムに記録できる世界初のアプリで、GoProで撮影した走行映像と車両の走行データ(速度、スロットルポジション、ギア選択、制動力、加速度)を記録でき、その映像をスマートフォンにダウンロード、ソーシャルメディア等で簡単に共有することができる。

ジャガー Fタイプ SVR コンバーチブル

エンジンは、300馬力から575馬力までの6機種を用意。トランスミッションはATまたはMT、駆動方式は後輪駆動と全輪駆動から選択できる。

新型Fタイプは、クーペ/コンバーチブルともにそれぞれ14モデル、全28モデルをラインナップしている。ボディカラーは、12色用意されている。

最上級グレード「Fタイプ SVR」は、ジャガー・ランドローバーが誇るスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手掛けている。

ジャガー Fタイプ2018年モデル限定グレード「F-TYPE 400スポーツ」

また、2018年モデル限定グレード「F-TYPE 400スポーツ」は、400馬力を発揮する3リッターV6 スーパーチャージドガソリンエンジンを搭載し、随所に特別なデザインを取り入れた。

価格(消費税込)は、クーペが1291万円~1362万円、コンバーチブルが1456万円~1527万円となる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー Fタイプクーペ の関連記事

ジャガー Fタイプクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー Fタイプクーペ の関連記事をもっと見る

ジャガー Fタイプクーペ の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13

  • ジャガー
    XF

    新車価格

    598万円1,105万円

  • ジャガー
    XJ

    新車価格

    997万円2,052.6万円

  • ジャガー
    XE

    新車価格

    477万円769万円