autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マクラーレン、570Sスパイダーをアジア初公開…570馬力で最高時速328キロ

自動車ニュース 2017/9/25 09:58

マクラーレン、570Sスパイダーをアジア初公開…570馬力で最高時速328キロ

マクラーレン 570Sスパイダー
マクラーレン 570Sスパイダー

2017年6月に英国のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで発表されたスポーツシリーズの第3のボディスタイルとなるマクラーレン 570Sスパイダーは、2017年9月22日、横浜で開催された発表会でアジア初公開された。

>>マクラーレン 570Sスパイダーの画像を見る(72枚)

570Sスパイダーは「妥協なきコンバーチブル」として、570Sクーペの高性能かつダイナミックな特性とエレガントさに加え、爽快なオープンエア・ドライビングが楽しめる。

カーボンファイバー製の構造やミッドエンジンのレイアウト、極限の性能といったスーパーカーのようなパフォーマンスを、高級スポーツコンバーチブルのセグメントに初めてもたらすクルマである。

570Sスパイダーは、570Sクーペと比較しても性能上の妥協は一切なく、570Sクーペと同様に0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は時速328km(ルーフを下げた状態の最高速度は時速315km)を達成した。

マクラーレン 570Sスパイダー

スポーツシリーズのモデルに共通するカーボン・ファイバー製のモノセルIIシャシーは、コンバーチブルの形状でも強度が損なわれず、構造補強を施す必要はない。そのため、マクラーレンのエンジニアたちは、スティールやアルミニウムの構造に付きものの強度不足に煩わされることなく、570Sスパイラーの設計・開発に取り組むことができた。

なお、ルーフの開閉は時速40キロに到達するまで可能で、わずか15秒で完了する。

3.8リッターのマクラーレンV8ツインターボエンジンを搭載し、7速シームレスシフト・ギアボックス(SSG)により、最高出力は570PS、最大トルクは600Nmと、クラストップレベルの動力性のを実現した。

570Sスパイダーは、軽量でアルミニウム製の車体が、空気力学に基づいた美しいエクステリアとした。

ツーピースからなるリトラクタブルハードトップが、ルーフのクローズ時にはクーペの純粋なデザインを、また オープン時にはドラマティックな外観を実現。クローズ時にはアルミニウム製の車体パネルが印象的にキャビンを包みこむ。

570Sスパイダーのデビューに際し、ボディカラーは3色を新たに展開。リトラクタブル・ルーフにはボディと同色、 またはコントラストの効いたダーク・パラジウム・グレーを選択することができる。

マクラーレン 570Sスパイダー

マクラーレン・オートモーティブ・アジア、マネージング・ディレクターのジョージ・ビッグス氏は、「マクラーレン 570Sスパイダーは格別なクルマであり、アジアでは初めて日本でお披露目できることを嬉しく思います。720Sに対する大きな反響、4年連続の黒字計上、そして今回のマクラーレン・スポーツシリーズへの新モデル追加と、2017年は我々にとって目覚ましい年であります。マクラーレン 570Sスパイダーは、オープンエアモータリングを楽しめる魅力的なリトラクタブル・ハード・ トップを備えた妥協なきコンバーチブルであり、わくわくするような運転を楽しめるクルマです。」とコメント。

さらに、マクラーレン・オートモーティブ、デザイン・オペレーションズ ヘッドのマーク・ロバーツ氏は、「マクラーレン 570Sスパイダーのビジュアル・デザインは気流のマネジメントを最適化することにより空気力学の要件をクリアしています。我々にとってピュアなデザインをキープすることは重要なことであり、570Sクーペのシルエットを保つことは必須でした。リトラクタブル・ハード・トップの採用は理想的なソリューションであり、すぐにそれと認識されるマクラーレンのデザイン言語に基づきながら、印象的で強健な外観を実現しました。」と述べた。

マクラーレン 570Sクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マクラーレン 570Sクーペ の関連記事

マクラーレン 570Sクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マクラーレン 570Sクーペ の関連記事をもっと見る

マクラーレン 570Sクーペ の関連ニュース

マクラーレン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25