autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ911 GT3 Rがバーミンガムでワールドプレミア

自動車ニュース 2010/1/19 19:53

ポルシェ911 GT3 Rがバーミンガムでワールドプレミア

ポルシェAGは、ニュー911 GT3 Rを2010年1月14日、バーミンガムで開催されるレーシングカーショー「オートスポーツ・インターナショナル」で世界初公開した。

ニュー911 GT3 Rは、ポルシェのモータースポーツ部門のGTカー、911 GT3カップSの後継モデルで、そのままレースに出場できる状態でデリバリーされる。

911 GT3 RはFIAの定める国際格式のGT3レギュレーションに準拠しており、これまで以上の動力性能とハンドリングを主眼として開発が進められた。

911 GT3 Rには、4リッター 水平対向6気筒エンジンが搭載されている。最高出力は353kW(480ps)で、シーケンシャルタイプの6速トランスミッションを介して後輪を駆動する。

モータースポーツセールス部門のトップであるウーヴェ・ブレッテルは次のように述べている。

「私達が911 GT3 Rを世に送り出すつもりであることを初めて発表して以来、多くの注文をいただきました。GT3 Rについて2010年に予定していた台数は、ほぼ完売となっています。世界のカスタマーチームには、2010年春から新しい車が届けられる予定です。車両本体価格は279,000ユーロ(税抜き)です」

車両重量わずか1,200kgの911 GT3 Rの開発は、日本をはじめ世界各国で開催されているワンメイクレース、カレラカップの競技車両として2009年9月にデビューした911 GT3カップをベースにしている。

エンジンの排気量を200cc拡大したことで、最高出力はベースモデルと比較して30馬力向上した。911 GT3 Rと911 GT3カップは、ともにロードゴーイングモデルの911 GT3 RSのボディをベースにしている。

911 GT3 Rは、アンチロックブレーキシステム(ABS)やトラクションコントロール、そして「スロットルブリップ」機能を備えた電子制御スロットルを装備したことによって先代モデル以上に操縦しやすくなり、さまざまなドライバーにとって最適な一台となった。

前後フェンダーには大きなホイールハウスが設けられ、先代モデルよりもトレッドがワイド化されたことをはっきりと表している。アンダーフロアは完全にパネルで覆われ、リアディフューザーが備わっている。また先代モデルと比べて、リアスポイラーの調整範囲が広がった。

高度に開発されたレーシングサスペンションは、広範囲な調整が可能となっている。フロントには、車高を調整できるマクファーソンストラット式サスペンションを採用し、ザックス製の2-way調整式ショックアブソーバーとダブルコイルスプリング(メインスプリングおよびヘルパースプリング)が備わる。

リアには、固定マウント式サブフレーム付きの車高を調整できるマルチアームアクスルを採用、ザックス製の2-way調整式ショックアブソーバーとダブルコイルスプリングが備わる。

ポルシェ 911GT3Rポルシェ 911GT3Rポルシェ 911GT3Rポルシェ 911GT3Rポルシェ 911GT3R

ポルシェ 911 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ 911 の関連記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円