autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース デンソー、リチウムイオン電池用の電池監視ユニットを開発

自動車ニュース 2010/1/13 15:49

デンソー、リチウムイオン電池用の電池監視ユニットを開発

デンソーは、車両に搭載されるリチウムイオン電池用の電池監視ユニットを開発した。

今回開発した電池監視ユニットは、トヨタ自動車が2009年末から、市場導入した「プリウス プラグインハイブリッド」に搭載されている。

電池監視ユニットは、高電圧の電池を安全かつ効率的に使用するために、電池の電圧、電流、温度等を検出する。リチウムイオン電池は、ニッケル水素電池と比べエネルギー密度が高いという性質を持つ一方、電池を構成する複数のセルごとに電圧のばらつきが生じる為、セル単位で電圧を制御する必要がある。

デンソーはセル単位での電圧制御を、独自開発した方式を採用することにより、ノートパソコンなどに使用されている一般的な方式と比べて回路を簡素化し、低コストで実現した。

従来のリチウムイオン電池の電圧制御方式は、セル単位で検出した電圧のアナログデータをデジタルデータに変換し、演算回路によって電圧が高いと判定したセルを放電させる。

今回、デンソーが新たに開発した電圧制御方式は、全セルの平均電圧を検出し、平均電圧と比べて電圧が高いセルをシンプルな論理回路で判定し放電さる。この方式により、従来と同等の性能を実現しながら、高機能なアナログ/デジタル変換回路や演算回路が不要な簡素な構成とした。

デンソーは初代プリウスが発売された1997年以降、電池監視技術を使った製品を開発している。これまで培ってきた技術を活用して、今後も高電圧電池の効率的な使用に繋がる製品を開発していくとしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!