autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新型ポロの資源保全への貢献具合を発表

自動車ニュース 2009/10/23 15:08

新型ポロの資源保全への貢献具合を発表

車両重量の40%に相当するリサイクル素材を使用

新型ポロ

フォルクスワーゲンは、新型ポロにおけるリサイクル素材、すなわち二次素材の使用状況について第三者機関による評価を実施した。その結果、再資源化により433kgに及ぶ二次素材が投入されていることが証明された。これは車両重量のおよそ40%に相当する。

新車の開発段階から材料のリサイクル性を考慮することにより、寿命を終えた車も材料の再資源化に組み込むことができる。このように、新型ポロは効率的なエンジンに加えて、環境にやさしい材料を使うことにより、高い環境適合性を持っている。完成車でのリサイクル素材使用状況を試験認証機関テュフが調査、認定したのは今回が2度目となる。

フォルクスワーゲンはリサイクル素材を有効に使用することで、限りある一次素材の保全に貢献しながら、先進的な車両設計の可能性を開拓するとしている。

一次素材の保全と再資源化は、フォルクスワーゲンが製品開発時に掲げている重要な目標である。そのため、ほぼすべての車両パーツに品質基準を満たすリサイクル素材の使用を認めているだけでなく、積極的に使用するよう(部品メーカーにも)求めている。生産工程の残留材や使用済み材料から得られるリサイクル素材は一次素材に代わるものであり、資源の保全につながるものである。

フォルクスワーゲンはまた、ズィーコン(SiCon)社と共同で2000年から2006年にかけて、廃車リサイクルで生じたシュレッダーダストを処理するためのVW-SiConプロセスを開発した。このプロセスでは、金属は直接金属へと加工され、またプラスチック顆粒は高炉還元剤として利用されるなど、85%以上という高いリサイクル率を達成している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円