autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン ポロがフルモデルチェンジ

自動車ニュース 2009/10/20 16:00

フォルクスワーゲン ポロがフルモデルチェンジ

新型ポロはクラス初のDSGを搭載、過去最高の燃費(17.0km/L)

フォルクスワーゲンは、ポロをフルモデルチェンジし、10月31日(土)より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて販売を開始する。

新型ポロ1.4コンフォートラインの価格は、昨今の経済情勢や、コンパクトカーへのニーズの増大等を考慮し、先代モデルから据え置きの203万円(税込)と、戦略的な価格を設定した。

ポロは1975年に、ゴルフより一回り小さなフォルクスワーゲンのエントリーモデルとして登場して以来、34年間に1,060万台以上を販売している。今回5世代目となる新型ポロは、新デザインのボディ、高い安全性、インテリアの質感向上、走行性能および燃費の向上といった面で飛躍的な進化を遂げ、クラスの水準を塗り替える高品質なコンパクトカーとして登場した。

・新しいフォルクスワーゲンのデザイン哲学を体現した、クリアでスポーティなエクステリアデザイン。

・クラス水準を大きく上回る高品質なパーツや素材の採用による、高いインテリアの質感。

・高剛性ボディや充実した安全装備によって、新ユーロ NCAPで最高の5つ星を獲得。

・パワーアップした1.4リッター自然吸気エンジン、7速のデュアルクラッチギヤボックス「DSG」やボディの軽量化等により、走りの楽しさを更に向上させるとともに、フォルクスワーゲンとして過去最高の10・15モード燃費(17.0km/L)を実現。

・多機能なグローブボックスに、シートアンダートレーやカップホルダー、ドリンクホルダー等多彩な収納スペースと機能性を確保。

今回、新型ポロは、当初1.4コンフォートラインの単一グレードとして設定する。ポロ1.4コンフォートラインには、従来型より最高出力で4kW(5PS)アップの63kW(85PS)を発揮する、1.4リッター自然吸気エンジンに7速DSGを組み合わせ、従来モデルを大きく上回る走行性能を獲得した。また、高効率な7速DSGの採用に伴い、10・15モード燃費は平成22年度燃費基準(ポロクラスの場合16.0km/L)を5%以上上回る17.0km/Lを実現。この結果、新型ポロは、ポロシリーズとして始めて政府の「低公害車普及促進等対策費補助金」(エコカー購入補助金)の対象車となり、車齢13年超の経年車の廃車を伴う買い替えの場合、25万円の補助金を受ける事が可能となる。

なお、今回の新型ポロには、購入後のメンテナンス費用(工賃)が3年間無償となるメンテナンスプログラム「Volkswagen Professional Care」が付帯される。

※画像をクリックすると、フォトギャラリーへリンクします。

新型ポロ新型ポロ新型ポロ新型ポロ:インパネ新型ポロ:7速DSGシフトノブ

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円