autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストン、第41回東京モーターショー2009に出展

自動車ニュース 2009/10/2 19:16

ブリヂストン、第41回東京モーターショー2009に出展

ブリヂストンブース イメージ

ブリヂストンは、2009年10月21日から11月4日まで、幕張メッセ(千葉市)で開催される「第41回東京モーターショー2009」に出展する。今回の展示では、ブリヂストンの環境への取り組みを中心に紹介し、ブリヂストンの技術力や商品、諸活動について、皆様に理解を深めてもらおうとしている。ブリヂストンの環境への取り組みに関する主な展示は以下の通りである。

■環境タイヤフラッグシップブランド「ECOPIA」

乗用車用、小型トラック用、トラック・バス用など、様々なカテゴリーに渡る商品ラインナップや、1990年代から始まった「ECOPIA」の歴史について、搭載技術とともに紹介。

■リトレッドタイヤ

使用後摩耗したタイヤの接地部分を張り替えて再使用する「リトレッド」の取り組みを紹介。リトレッドタイヤは新品タイヤに比べて、環境保全の面で下記の優位性がある。

1)天然ゴムなど原材料の使用量が1/3以下となり、省資源となる。

2)タイヤ生産におけるCO2排出量削減が可能となる。

3)トレッド以外の部材がリユースされるため、廃タイヤの削減にも寄与する。

■ランフラットタイヤ

パンク等により空気圧が失われた状態でも、所定の速度で一定の距離を走行することができ、スペアタイヤを無くすことを可能とするタイヤである。一般的に車両の軽量化、燃費の向上、省資源化などのメリットがある。 ランフラットタイヤの乗り心地を向上させる当社の取り組みについても、本年3月に発表した「第3世代」のランフラットタイヤの展示などを通じて紹介する。

■スタッドレスタイヤ「BLIZZAK REVO GZ」

9月より発売となった乗用車用スタッドレスタイヤ新商品「BLIZZAK REVO GZ」の展示。このタイヤは「BLIZZAK」史上初となる、ブリヂストンの自主基準を満足した環境性に優れた「エコ対応商品」である。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!