autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 阪神甲子園球場に、ホンダソルテックの薄膜太陽電池を設置

自動車ニュース 2009/10/1 19:26

阪神甲子園球場に、ホンダソルテックの薄膜太陽電池を設置

阪神甲子園球場 薄膜太陽電池設置イメージ

ホンダの子会社で、太陽電池の製造・販売を手がけるホンダソルテックの薄膜太陽電池が阪神甲子園球場に設置されることが決定した。

ホンダソルテックの薄膜太陽電池は、阪神甲子園球場のリニューアルにともない、「銀傘」という愛称の内野席を覆う屋根に設置され、2010年3月から稼働する予定。推定される発電量は年間約19.3万kWh、CO2削減量は年間約133t。

ホンダが独自開発した薄膜太陽電池は、銅-インジウム-ガリウム-セレン(CIGS)の化合物を素材とした薄膜で形成されており、製造時から環境に優しい太陽電池である。環境意識の高まりにともない、薄膜太陽電池の需要は着実に増しており、2007年から販売している一般住宅用商品に加え、今回の阪神甲子園球場に設置するような公共・産業用商品も2008年から販売している。

ホンダは、二輪車・四輪車・汎用といった商品のCO2低減に加え、エネルギーを生み出す商品展開にも力を入れており、地球温暖化防止に向けた取り組みをさらに加速させていくとしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!