autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、第41回東京モーターショー展示概要

自動車ニュース 2009/9/30 10:41

ホンダ、第41回東京モーターショー展示概要

関連: ホンダ

ホンダは、10月24日より11月4日まで千葉県 幕張メッセで開催される「第41回東京モーターショー2009」に、コンセプトモデルを含む四輪車と二輪車および汎用製品等の展示物を出展する。

今回は、出展各社のなかで単独ブランドとしては最大面積となるブースに、四輪車と二輪車、汎用製品等を合同で展示し、ホンダならではのモビリティの世界を創出する。ブースコンセプトは“ないものをつくれ。”とし、「夢」や「熱い想い」を原動力に、お客様の笑顔や驚きにつながるような魅力的な製品を提案することを目指した。

四輪車では、ハイブリッド車を中心に、燃料電池電気自動車/電気自動車等の環境に対する様々なアプローチを紹介。また、革新的なパッケージングを持つモデルや、動力性能を磨きあげた走りのモデルも紹介し、クルマが持つ「使う楽しさ」「乗る楽しさ」を提案する。

■展示概要

【HELLO!ゾーン】

ホンダの持つ四輪車/二輪車/汎用製品/その他、電気を供給する製品から電動化技術を用いた製品までを総合的に表現するためのゾーンを設け、“HELLO!(Honda Electric mobility Loop)”と名づけ、紹介する。走行時におけるCO2の排出がゼロとなる電気自動車と、電気を供給する太陽電池をリンクさせ、近未来の低炭素社会を表現。また、各モデルに双方向のコミュニケーション機能を持たせることで、モビリティが人と社会と、より楽しくつながっていく姿を表現している。展示モデルは、水素を燃料として電気を発生させて走る燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」と、電気自動車「EV-N」、電動二輪車「EV-Cub」、電動パーソナルモビリティ「EV-MONPAL」、自律二足歩行ロボット「ASIMO」のバランス制御技術を活かした一輪モビリティ「U3-X」で、これらを携帯端末機「LOOP」を用いて人とモビリティがコミュニケーションする世界をつくり出している。

【四輪車展示】

四輪車は、ホンダが現在最も有効な環境対応の手段のひとつと考えているハイブリッド車をメインとして、今年2月発売の「インサイト」をはじめ、ワールドプレミアとなる新感覚ハイブリッドモデル「CR-Z CONCEPT 2009」、6人乗りのマルチパーパス・ハイブリッドモデル「SKYDECK(スカイデッキ)」を展示。さらに、クルマを“使う喜び”を広げる革新的なパッケージング技術を備えた新型「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」(10月発売予定)や、“操る喜び”を欧州で磨きあげた新型「シビック TYPE R ユーロ」(11月発売予定)もそれぞれ展示し、クルマを使う楽しさ、クルマに乗る楽しさを提案する。

■出展一覧

【四輪車】

コンセプトモデル: ●★CR-Z CONCEPT 2009、●★SKYDECK

HELLO!ゾーンモデル: ●★EV-N、●FCXクラリティ

市販予定車: ●シビック TYPE R ユーロ、●☆アクティ トラック

市販車: ○ステップワゴン、○ステップワゴン スパーダ、○インサイト、○シビック ハイブリッド、○オデッセイ、○CR-V、○フィット、○フリード、○アコード、○ライフ、○ゼスト スパーク

(●:参考出品モデル、○:市販モデル、★:ワールドプレミア、☆:ジャパンプレミア)

※画像をクリックすると、フォトギャラリーへリンクします。

CR-Z CONCEPT 2009SKYDECKEV-Nシビック TYPE R EUROU3-X
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円