autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース インディ第16戦もてぎ、ディクソンが優勝

自動車ニュース 2009/9/19 21:21

インディ第16戦もてぎ、ディクソンが優勝

インディ第16戦もてぎ、ディクソンが優勝

今年は例年の春開催から秋開催へと移された,、インディ・ジャパン。

今回のインディ・ジャパン300mile第16戦(ツインリンクもてぎ2009)は、10月10日のマイアミ最終戦の一つ手前の開催となるだけに、19(土)の決勝戦は、前日の予選からの混戦モードの火が消えぬままの突入ということもあり、案の定、濃い決勝内容となった。

本決勝戦は、18(金)の予選で2003年及び08年インディカー・チャンピオン(現在ポイントランキングで3番手)のスコット・ディクソン(TargetChipGanassiRacing)が、ポールポジションを獲得してのスタートとなった。

スコット・ディクソンは序盤から常に先頭をキープ。後方から2位で追い上げるダリオ・フランキッティ(TargetChipGanassiRacing)との接戦走行も見ものであったが、終わってみればその後1位、2位のチャンピオン争いは無く、そのまま両者一騎打ちのままフィニッシュ。

続いて3位には、必死で1、2位争いに食い込もうと健闘し、終盤では僅差まで追い上げを見せたグラハム・レイホール(Newman/Haas/LaniganRacing)が、なんとか滑り込み、表彰台に立つこととなった。

中盤では102周目あたりのターン4で、ウォールにマイク・コンウェイ(Dreyer&ReinboldRacing)が激突。さらにライアン・ブリスコー(TeamPenske)がピットを終え、エグジット付近のフォールにホイールを接触させ、この弾みで付近のポールは散乱。この瞬間ライアン・ブリスコーも、勝利から遠ざかり、結果18位で決勝を終えた。

これにより走行中のマシンは一時ペースダウンを余儀なくされ、インディに相応しい荒々しい一幕もみられた。

一方、期待の日本勢の一人、武藤英紀(AndrettiGreenRacing)は、予選2周目のターン3でマシンがスピンに陥り、左リア側からウォールにクラッシュ。

ケガは無かったが決勝では22番グリッドからの出走となったが、中盤の追い上げが功を奏したか、結果14位で終わった。

また、今回のレースにスポット参戦している松浦孝亮(ConquestRacing)は17位(予選16位)、ロジャー安川(Dreyer&ReinboldRacing)は20位(予選17位)となり、日本勢は期待とは裏腹に、終始振るわない成績での決勝を終えることとなった。

そしてやはり気になるのは、現在総合6位の好成績でシーズンを終えているダニカ・パトリック(AndrettiGreenRacing)。

08年は女性ドライバー史上初勝利という快挙を達成したことから、常にその存在に注目が集まるが、本決勝戦では予選同様の6位で終える形となった。

すでに興奮の絶頂へと達しているIRLインディカー・シリーズ2009。次の第17戦マイアミ最終決戦では、まさに想像を絶するデッドヒートが繰り広げられることだろう。

(リザルト)

順位/マシンNo./ドライバー/チーム/C/E/T/差

1 /9/スコット・ディクソン/Target Chip Ganassi Racing/D/H/F/01:51:37.6411

2 /10/ダリオ・フランキッティ/Target Chip Ganassi Racing D/H/F/+1.4475

3/02/グラハム・レイホール/Newman/Haas/Lanigan Racing/D/H/F/+3.2002

4/06/オリオール・セルビア/Newman/Haas/Lanigan Racing/D/H/F/+7.3720

5/5/マリオ・モラレス/KV Racing Technology/D/H/F/+12.7643

6/7/ダニカ・パトリック/Andretti Green Racing/D/H/F/+16.1392

7/26/マルコ・アンドレッティ/Andretti Green Racing/D/H/F/+16.6513

8/4/ダン・ウェルドン/Panther Racing/D/H/F/+17.2646

9/2/ラファエル・マトス/Luczo Dragon Racing/D/H/F/+17.5790

10/3/エリオ・カストロネベス/Team Penske/D/H/F/+1Lap

11/11/トニー・カナーン/Andretti Green Racing/D/H/F/+20.4485

12/18/ジャスティン・ウィルソン/Dale Coyne Racing/D/H/F/+22.8622

13/20/エド・カーペンター/Vision Racing/D/H/F/+2Laps

14/27/武藤英紀/Andretti Green Racing/D/H/F/+19.0664

15/13/E.J.ヴィソ/ HVM Racing/D/H/F/+22.2397

16/33/ロバート・ドーンボス/HVM Racing/D/H/F/+23.9025

17/34/松浦孝亮/Conquest Racing/D/H/F/+5Laps

18/6/ライアン・ブリスコー/Team Penske/D/H/F/+15Laps

19/98/スタントン・バレット/Curb/Agajanian/Team 3G/D/H/F/+18Laps

20/43/ロジャー安川/Dreyer&Reinbold Racing/ D/H/F/+28Laps

21/14/ライアン・ハンターレイ/A.J.Foyt Enterprises/D/H/F/+43Laps

22/24/マイク・コンウェイ/Dreyer & Reinbold Racing/D/H/F/+97Laps

23/23/トーマス・シェクター/Dreyer & Reinbold Racing/D/H/F/+117Laps

(ポイントスタンディング)

順位/ドライバー/チーム/総合ポイント

1/スコット・ディクソン/Target Chip Ganassi Racing/570

2/ダリオ・フランキッティ/Target Chip Ganassi Racing/565

3/ライアン・ブリスコー/Team Penske/562

4/エリオ・カストロネベス/Team Penske/403

5/ダニカ・パトリック/Andretti Green Racing/381

6/マルコ・アンドレッティ/Andretti Green Racing/368

7/グラハム・レイホール/Newman/Haas/Lanigan Racing 366

8/トニー・カナーン/Andretti Green Racing/354

9/ダン・ウェルドン/Panther Racing/342

10/ジャスティン・ウィルソン/Dale Coyne Racing/334

11/武藤英紀/Andretti Green Racing/325

12/エド・カーペンター/Vision Racing/303

13/ラファエル・マトス/Luczo Dragon Racing/296

14/ライアン・ハンターレイ A.J.Foyt Enterprises/281

15/マリオ・モラレス/KV Racing Technology/278

16/ロバート・ドーンボス/HVM Racing/271

17/マイク・コンウェイ/Dreyer & Reinbold Racing/246

18/E.J.ヴィソ/HVM Racing/234

19/ウィル・パワー/Team Penske/215

20/トーマス・シェクター/Dreyer & Reinbold Racing/173

21/オリオール・セルビア/Newman/Haas/Lanigan Racing/115

22/アレックス・タグリアーニ/Conquest Racing/114

23/ポール・トレイシー/KV Racing Technology/113

24/ミルカ・デュノー/Dreyer & Reinbold Racing/100

25/サラ・フィッシャー/Sarah Fisher Racing/77

26/ジャック・ラジアー/Curb/Agajanian/Team 3G/65

27/リチャード・アンティヌッチ/Curb/Agajanian/Team 3G/63

28/ヴィットール・メイラ/A.J. Foyt Enterprises/62

29/スタントン・バレット/Curb/Agajanian/Team 3G/62

30/ダレン・マニング/Dreyer & Reinbold Racing/38

31/タウンゼント・ベル/Rahal Letterman Racing/32

32/A.J.フォイト4世/A.J.Foyt Enterprises/26

33/アレックス・ロイド/Chip Ganassi Racing Sam Schmidt Motorsports/17

34/スコット・シャープ/Panther Racing/16

35/ネルソン・フィリップ/HVM Racing/16

36/松浦孝亮/Conquest Racing/13

37/ジョン・アンドレッティ/Richard Petty Motorsports/Dreyer & Reinbold Racing/12

38/フランク・モンタニー/Andretti Green Racing/12

39/ロジャー安川/Dreyer&Reinbold Racing/12

40/デイビー・ハミルトン/Dreyer & Reinbold Racing/10

スコット・ディクソンのマシン表彰台にてインディカー・シリーズ 第16戦 ツインリンクもてぎの様子インディカー・シリーズ 第16戦 ツインリンクもてぎの様子インディカー・シリーズ 第16戦 ツインリンクもてぎの様子
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!