autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フィアット、FIAT500のエコ・モデルを日本初披露

自動車ニュース 2009/9/17 17:47

フィアット、FIAT500のエコ・モデルを日本初披露

イタリアの最先端モビリティ技術を紹介する展示会にFIAT 500 PUR-O2を出展

FIAT 500 PUR-O2

フィアットは、FIAT500のエコモデル・FIAT 500 PUR-O2を日本初出展する。

9月24日より10月17日まで東京・お台場の日本科学未来館で開催される展示会「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア」において、フィアット社の最新技術を導入した低燃費/低CO2排出モデル、FIAT500 PUR-O2を出展する。

■フィアット社の最新技術を結集したFIAT 500 PUR-O2、日本初披露

今回展示されるFIAT 500 PUR-O2は、フィアット社が2008年10月のパリモーターショーで発表した低燃費/低CO2排出モデル・シリーズの1台。1.2Lのガソリンエンジン搭載車がベースで、Start&Stopと呼ぶアイドリングストップのシステムを搭載。信号待ちなど車両が一時的に停止していることを感知すると、自動的にエンジンをストップし、ドライバーがブレーキペダルから足を離すかギアを操作すると、瞬時にエンジンを再始動させることができるモデルである。このシステムの搭載により、通常モデルに比べ、燃料消費量が約12%低減されるうえ、CO2の排出量も113g/km(EEC測定値)という数値を実現する。さらにフィアット社の誇る高効率のトランスミッション「デュアロジック」との組み合わせでは、CO2の排出量は110g/km(EEC測定値)と、より一層優れた数値を可能にする。

またFIAT 500 PUR-O2には、米・マイクロソフト社との共同開発による「eco:Drive」と呼ばれるシステムが採用されているのが特長となっている。「eco:Drive」は、車載コンピュータがドライバーの運転スタイルをモニタリングすることで得たデータを、USBメモリを介してパソコンへ転送すると、専用のソフトウェアがデータを解析し、省燃費やCO2の排出量削減のためのアドバイスをしてくれるというもの。このシステムを利用することで、ドライバーはより一層環境保全に寄与することが出来るようになるとしている。

■展示会「ZIGZAG 伝統革新 未来を走るイタリア」について

FIAT500 PUR-O2の展示がおこなわれるイベント「ZIGZAG 伝統革新未来を走るイタリア」は、「日本におけるイタリア2009・秋」のプログラムの一環として、9月24日から10月17日まで、東京・お台場の「日本科学未来館」で開催される。イタリア貿易振興会とイタリア各州政府の共催により実現したこの展示会は、自動車をはじめ、オートバイ、自転車、鉄道、船舶から航空宇宙にいたるまで、さまざまな分野のイタリア企業によるサステナブル・モビリティを目指した最先端の取り組みの実態や、イタリアを代表する革新的な技術、製品などが展示される。

なお、会場内には、FIAT 500 PUR-O2以外にも、他のイタリア企業の開発によるフィアット500ベースの電気自動車も出展が予定されている。

フィアットでは、このFIAT 500 PUR-O2の展示を通じ、フィアット社の地球環境保全に向けた取り組み、ならびにその実現のための技術力を認識していただけたらとしている

※展示するFIAT 500 PUR-O2の日本への導入および仕様については未定となっている。

フィアット 500(チンクエチェント) 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事

フィアット 500(チンクエチェント)の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事をもっと見る

フィアット 500(チンクエチェント) の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17