autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自動車、アウトランダーを改良しエコカー減税の適合グレードを拡大

自動車ニュース 2009/9/3 20:20

三菱自動車、アウトランダーを改良しエコカー減税の適合グレードを拡大

三菱 アウトランダー 24G Premium フロントスタイル

三菱自動車は、「アウトランダー」のCVT制御の見直しや、走行抵抗を低減して燃費向上を図るなどの一部改良を実施し、エコカー減税(自動車取得税/自動車重量税50%軽減)の適合グレードを従来の2WD車に加え、4WD車にも拡大して、9月3日(木)から全国の系列販売会社より発売する。

「アウトランダー」は、2005年10月の発売以来、ドライバーの意図に忠実で気持ちのよい走りと、優れた居住性、及び実用性を兼ね備えた新感覚のSUV。

今回の一部改良では、燃費向上によるエコカー減税の適合グレード拡大に加え、一部グレードの内装にステッチ付合皮貼りソフトパッドを施すなど、より質感の高い室内空間を実現したほか、最上級グレード「24GPremium」(4WD、7人乗りのみ)を新たに設定するなどのグレードの見直し、また、緊急制動時に後続車への危険を促すESS(緊急制動信号システム)や、4WD車には、坂道でのスムーズな車両発進を実現するヒルスタートアシストを採用するなどの安全・安心機能の強化をおこなった。

なお、「ROADEST」グレードについては、従来の仕様を継続して販売する。

三菱 アウトランダーの一部改良内容(「ROADEST」グレードは除く)

(1) 燃費向上

CVT制御の見直しや走行抵抗を低減させることで、2.4Lエンジン搭載車の燃費を、4WD車は11.6km/Lから12.2km/Lに、2WD車は12.2km/Lから12.6km/Lに向上。

これにより、従来からエコカー減税(50%軽減)に適合していた2WD車に加え、今回新たに4WD車がエコカー減税(50%軽減)に適合。

(2) グレード見直し

ステッチ付合皮貼りソフトパッドの内装や、メッキを多用した外観など、上質な内外観とした最上級グレード「24G Premium」を設定。

3Lエンジン搭載の「30G」「30MS」グレードを廃止。

(3) エクステリア

新デザインのメッキフロントグリル(24G Premium除く)と、ワイド感を強調したリヤバンパーを採用。「24G Premium」に、メッキサイドシルガーニッシュを採用。

(4) インテリア

「24G」「24G Premium」のドアトリム、メーター上部、グローブボックス上面にステッチ付合皮貼りソフトパッドを採用し、上質な内装とした。

シート生地を、質感の高いスエード調ベロア&メッシュファブリックに変更。

新デザインの「ハイコントラストメーター」と「カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイ」を採用(「24E」「24M」除く)。

「24E」「24M」に新デザインのメーターを採用。

運転席と助手席のバニティミラーに照明を追加。

(5) 機能・装備

坂道でのスムーズな車両発進を実現する、ヒルスタートアシストを4WD車に採用。

急減速時、またはABS作動時に、後続車に緊急制動を伝え危険を促す、ESS(緊急制動信号システム)を採用。

一定時間ウォッシャー噴霧とワイパーが作動する、コンフォートウォッシャーを採用。

「24MS」「24G」「24G Premium」に、ウェルカムライト、カミングホームライト機能を追加。

三菱 アウトランダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダー の関連記事

三菱 アウトランダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダー の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダー の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21