autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース strada Sクラス SDカーナビステーション 2機種を発売

自動車ニュース 2009/8/20 13:23

strada Sクラス SDカーナビステーション 2機種を発売

strada Sクラス SDカーナビステーション「CN-MW200D」strada Sクラス SDカーナビステーション「CN-MW100D」

パナソニック オートモーティブシステムズは、SDカーナビステーション ストラーダ Sクラスの新製品2機種「CN-MW200D」「CN-MW100D」を9月10日より発売する。価格はいずれもオープン価格となる。

2003年の「ストラーダ」一号機発売以来、2004年にハイエンドの「Fクラス」、2008年にPNDタイプの「ポケット」を市場に導入してきた。近年、より手軽な「ポータブルナビ(PND)」の需要が急伸する一方で、AV機能を重視した高機能・高性能の「据え置きタイプのカーナビゲーション」にも底堅い需要はある。ナビ機能を継承し、市場で加速するiPod等の新音楽メディアやSD規格の新動画メディア等にも対応するミドルクラスナビを新たに「Sクラス」として市場に導入した。

Sクラスは地図・検索データベースを高性能CPUで処理することにより、スムースな操作や高速地図描画を実現。また、ナビ機能はストラーダの上位モデルで培った検索・探索等の高機能を継承し、画面と音声による多彩な案内で、ドライバーの安心をサポートを目的としている。 加えて、DVD/CD再生機能、地上デジタルチューナー搭載はもちろん、さらに、ビエラやディーガでSDメモリーカードにダビングしたSD動画再生機能を搭載し、iPodでの高音質再生にこだわるなど、さまざまなAVソースを車内で高画質・高音質で楽しめむこともできる。

■strada Sクラス SDカーナビステーションの主な特長

【全国1031都市市街地図を収録、上位モデル譲りの高速/高機能カーナビゲーション】

・全国1,031都市の市街地図/豊富な検索データベースを収録するなど、上位モデルのナビ機能を継承。

・地図/検索データベース情報を高性能CPUで処理し、地図スクロールの高速化等、スピード操作を実現。

【地上デジタル放送対応、“SD動画再生”機能など、充実のAV機能】

・MW200は4×4フルセグ対応地上デジタルチューナー、MW100はワンセグチューナーをそれぞれ内蔵。

・ディーガやビエラでSDメモリーカードにダビングした「番組録画コンテンツ」や、SD動画を再生可能。

【iPodとの連携機能を更に強化。オーディオ機能を充実し高音質なサウンドを実現】

・iPod用接続ケーブルを付属、iPhone3G/3GSにも対応。アルバムアートワーク機能対応など、iPodとの連携機能を強化。

・音のプロ集団「MIXER'S LAB」がiPodの再生に適した音質を新たにチューニング。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!