autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 東芝の新型二次電池「SCCiB」が慶応大学の電動フルフラットバス開発プロジェクトに採用

自動車ニュース 2009/8/10 14:06

東芝の新型二次電池「SCCiB」が慶応大学の電動フルフラットバス開発プロジェクトに採用

電動フルフラットバス開発プロジェクト イメージ

東芝は、新型二次電池「SCiB」を慶応義塾大学等が参画する「電動フルフラットバスの地域先導的普及モデル策定とシステム化の実証研究」向けに納入し、同研究に協力していくと発表した。

SCiBは、熱的安全性の高い新負極材や高引火点の電解液の採用などにより、高い安全性を備え、大電流充電(50A)が可能なため、わずか5分で容量の90%以上の急速充電を実現しているという。

さらに、6000回以上の充放電も可能ということで、電池交換時に発生する廃棄物の削減などの観点から、環境負荷の低減にも寄与できるとしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!