autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、新グローバル本社屋の竣工式を実施

自動車ニュース 2009/8/3 10:51

日産、新グローバル本社屋の竣工式を実施

関連: 日産

電気自動車「リーフ」初公開

日産は、神奈川県横浜市のみなとみらい21地区に、グローバル本社屋の竣工式を実施した。グローバル本社は、CO2排出量の低減とエネルギー効率の2点の環境性能に深く配慮している。

また、日産は、同日の竣工式に合わせて、排出ガスを一切出さないゼロ・エミッション車、「リーフ」を初公開した。日産はお客さまのニーズを満たすため、同車を手頃な価格設定とするとともに、1回の充電で160km(100マイル)の航続距離を可能とするなど、お客様のニーズを満たす設計としている。2010年度後半には日本、アメリカのみならず、欧州でも販売が開始される。

社長のカルロス・ゴーンは「日産は1933年に創業したこの地に戻り、日産にとって、またモビリティにとって新たな一歩を踏み出す。今日は、日産の将来への自信を更に深められる素晴らしい日である。」と語った。

同日行われたオープニングセレモニーには、小泉純一郎元内閣総理大臣、松沢成文神奈川県知事、中田宏横浜市長ほか多くの来賓が出席した。

グローバル本社は、環境面において、自然エネルギーの有効活用を積極的に進めるとともに、旧本社ビルに対し27%以上のCO2排出量削減を達成して、CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の最高ランクであるSクラスを2008年10月に取得した。また、2008年5月には、環境省のクールシティ認証も得ている。

建築家の谷口吉生氏により設計監修された新本社屋は、地上22階、地下2階の構成で、床面積は約80,000平方メートル、従業員約2,800人が勤務する。1階には、広さ約4,000平方メートルのギャラリーを有し、国内で販売しているほぼ全ての車種や海外専用車など約30台の車両展示スペースをはじめ、技術情報や企業情報の発信、専用グッズの販売コーナーと、600人を収容するNISSANホール(講堂)を配する。ギャラリーより吹き抜ける2階部分には、横浜駅からみなとみらい21地区を繋ぐ公共の通路(通称:NISSANウォーク)が貫通し、みなとみらいの北玄関として新たな動線を創出する。

オフィスフロアは、柱や壁を極力排した開放的空間をベースに、上下階を全て中央、および南北の吹き抜けでつなぎ、部署間の活発なコミュニケーションやコラボレーションを促す特殊な空間を設けるなど、先進性、機能性に富んだ構造となっている。

グローバル本社NISSANホールプロダクトゾーン電気自動車「リーフ」電気自動車「リーフ」とカルロス・ゴーン氏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27