autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産 電気自動車を8月2日に発表

自動車ニュース 2009/7/28 13:37

日産 電気自動車を8月2日に発表

関連: 日産

日産のゼロ・エミッション車、新EVを初公開

日産 電気自動車を8月2日に発表日産 電気自動車を8月2日に発表

日産は、2010年度に北米および日本で発売する電気自動車(EV)のために新開発されたEV専用プラットフォームと同プラットフォームをベースにした実験車両を公開した。また、24時間つながるEV-ITサポートなど、独自開発の新技術を発表した。

日産は、ゼロ・エミッション車のリーダーになるというコミットメントのもと、EVおよびその要素技術の開発を進めている。2010年度に発売されるEVは、既存の車体を流用するのではなく、EV専用にデザイン/設計された、全くの新型車になる。日産は8月2日、マスコミを対象とした新グローバル本社のオープニングイベントおよび専用ウェブサイトにて、当該車両のデザインの公開を予定している。

■電気自動車(EV)専用プラットフォームの概要

今回公開したEVは、専用プラットフォームに高剛性車体と高性能モーター、高出力大容量リチウムイオンバッテリーを採用した。これにより、高い走行性能を持ちながら、電気自動車の魅力となるスムーズな加速と圧倒的な静粛性を実現している。

日産のEVは、自社開発の新しい80kW・280Nmのモーターを搭載することにより、高いレスポンスと力強い加速を可能にしている。加えて、独自のモーター制御により、スムーズな加速を達成している。また、総容量24kWhの薄いラミネート型のリチウムイオンバッテリーを床下に配置することにより、航続距離の確保と十分な居住性を両立している。さらに、ブレーキ時の減速エネルギーを有効活用する回生協調ブレーキの採用や、平らで滑らかなバッテリー下面の形状を活かし、床下の空気をスムーズに流して空気抵抗を低減することで、1回の充電で160km以上の航続距離を可能としている。

また、車体骨格にバッテリーを支える構造体を新たに設けるとともに、バッテリーパックにフレームを内蔵した構造を採用した。これにより実現したEV専用の高剛性プラットフォームが、パワートレインの電動化とあいまって、車外からの音や振動を抑制している。

■EV-ITサポート機能

日産はグローバルデータセンターと車両搭載の通信ユニットを活用し、EVの利用を24時間365日サポートする洗練されたITシステムを開発した。EVの使い勝手を飛躍的に向上するITサポートの主な機能は以下の4つである。

【航続可能エリア表示】

スイッチを押すだけで、いつでもナビゲーションの地図上に片道、あるいは往復で航続可能なエリアを円形で表示。 ナビで目的地を設定した際は、目的地までの航続距離を差し引いたうえで、さらに航続可能なエリアを、目的地を中心とした円形で表示。

【充電スタンド自動更新】

自車周辺および目的地周辺の充電スタンド位置の最新情報を地図上に表示。また、各スタンドの詳細情報の確認も可能。

【タイマー機能】

エアコンや充電の開始時間を事前に設定できるタイマー機能を開発。エアコンの作動に必要な電力を接続しているコンセントから供給することで、車載のバッテリーを消費することなく、乗車前に車室内を快適な状態にすることができる。また、充電の開始時間を事前に設定することで、料金の安価な夜間電力を使った充電が可能となる。

【EVリモートコントロール・モニタリング機能】

クルマから離れた状態でも、携帯電話やWEBでEVのバッテリー充電量などがモニタリングできるほか、充電のON/OFF、エアコンのタイマー設定などのリモコン操作も可能。さらに、バッテリーの充電が完了したことを自動的にメールで通知する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18