autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、生理学に基づく空調システムを開発

自動車ニュース 2009/07/23 11:13

日産、生理学に基づく空調システムを開発

関連: 日産

日産は、室内の温度、風の強さ、湿度、においを総合的に管理し、室内環境を快適に保つ自動車用空調システム「フォレストエアコン」を開発したと発表した。

「フォレストエアコン」は、心身を爽快にする効果を持つと言われる森林の空気を構成する風、温度、湿度、においの要素に着目し開発された。これまでのエアコンのように車内の空気をクリーンに保つ機能に加え、風や香りが乗員に対して生理状態や感覚に与える影響を研究した機能を追加し、統合制御することで、室内環境を快適に保つシステムである。このシステムは、今秋発売予定の新型「フーガ」に搭載される。

【フォレストエアコンの特長】

■ゆらぎ風 アッパーベント(上部送風口)と、フロントベント(前面送風口)の吹き出し風量をランダムに制御することで、全体の風量を変えることなく、乗員が快適に感じられる「ゆらぎ」の自然なそよ風をカーエアコンに再現した。日射量と外気温によって吹き出し風量のパターンを最適に制御し、快適性を維をすいに車er"ト//aエ"v:「ゆ冪」の自然/p>

「倀 すロント、快快遀㾌快適ば感じ㆕ロン全をの肢なく、㌁自動車用空調シて生理嶄烳//a竹保//p/"㏀ゆ偫竀它、今秋発売予定の捧然/p>6忾㣲予吒㝃、媾ト お ア 媾6忾ベす日射量と外気温に温度〖気温ぁベン㦂て生マ㦀の宊冦を㝝す否〖気渢、