autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産とジヤトコ、次世代の無段変速機を共同開発

自動車ニュース 2009/7/22 11:16

日産とジヤトコ、次世代の無段変速機を共同開発

関連: 日産

日産と、日産の関連会社であるジヤトコは、小型軽量化とフリクションの低減を実現した次世代の無段変速機(Continuously Variable Transmission:CVT)を共同で開発したと発表した。日産は今後、この技術をグローバルに採用していく。

この次世代CVTは従来のベルトによる無段変速機に加え、副変速機を備える独自の構造を採用することにより、変速比を大幅に拡大するとともに小型軽量化、高効率を実現した。

主な特長は以下の通り。

【世界一の変速比幅/発進・加速性能の向上】

独自構造により、変速比幅7.3と、従来の同クラスのCVTと比較して20%以上変速比幅を拡大した。これは有段ATと比較すると大排気量車等に搭載されている7速ATを超え、世界最大の変速比幅となる。これにより、レスポンスのよい発進加速と、高速走行時の静粛性の向上を実現した。

【小型軽量】

世界初となる、ベルトによる無段変速機と副変速機の組み合わせという、画期的な独自構造を採用することにより、従来の同クラスのCVTに比べ10%全長を短縮し、13%の軽量化を実現した。

【フリクションの低減】

上記による変速比幅の拡大、プーリーの小型軽量化、オイル攪拌抵抗の低減等により、従来の同クラスのCVTに比べてフリクションを30%低減し単体の効率を向上。

次世代CVTは、加減速、登坂・降坂など運転状況に応じて最適なギアを選択する制御技術である「アダプティブシフトコントロール」(ASC)を採用し、発進・加速性能などの運転性のさらなる向上も図っている。

日産とジヤトコは、中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」に基づき、これまでにCVTのグローバル年間販売台数100万台の達成や7速ATの開発/市場投入を実施してきた。両社は今後も持続可能なモビリティ社会の発展に貢献するため、実効性のある技術や商品を開発し、市場に投入していく。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19