autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ボルボ、2019年から全モデル電動化へ 自動車新時代の幕開け

自動車ニュース 2017/7/5 16:51

ボルボ、2019年から全モデル電動化へ 自動車新時代の幕開け

関連: ボルボ
新世代ボルボのラインナップ

ボルボは、2019年以降に発売される全てのボルボ車にエレクトリックモーターを搭載し、電動化とすることを明らかにした。

この発表は、電動化に取り組む全ての自動車メーカーにとって最も大きな転換期の一つを意味しており、内燃機関の発明から1世紀以上を経て、電動化が自動車の歴史における新たな章の幕開けとなることを明確に示した。

また、ボルボは、2019年から2021年の間に5台の電気自動車(EV)を発売する。 そのうち3台はボルボモデル、2台はポールスターのハイパフォーマンスカーであり、ポールスターのモデル詳細は後日発表される予定。

これらの5台に加えて、全モデルにガソリンおよびディーゼルのプラグインハイブリッド、もしくは48Vのオプションを備えたマイルドハイブリッドを用意し、自動車メーカーの中で最も幅広い電動化された車を提供するという。

「内燃機関エンジンのみによって走る車の終焉を告げます。ボルボは、かねてより2025年までに100万台の電動化したボルボ車を販売すると明言して参りました。今回の発表は、この目標の実現に向けた強い決意の表れであり、その道筋を具体的に示すものです。」とサムエルソンCEOは述べた。

将来全てのボルボ車に、エレクトリックモーターが搭載され、純粋な内燃機関エンジンは徐々に生産を縮小し、これまでの内燃機関エンジンから電動化されたエンジンに代わっていくことを意味している。

また、2025年までに気候変動に影響しない生産事業を行うことを目指すという。 この決定は、ボルボがポールスターを別ブランドの新しいハイパフォーマンスカーのグローバル企業に転換するという先月の発表に続くものである。ボルボのデザイン担当上級副社長であるトーマス・インゲンラートがCEOとしてポールスターを率いる。

「お客様のニーズを追求した結果です。人々はますます電動化された車を求めており、我々はお客様の現在と将来のご要望にお応えして参ります。お客様はお好みの電動化されたボルボ車を選択することができるようになります。」とボルボ社長兼CEOのホーカン・サムエルソンは述べた。

この発表内容について、ストックホルムのボルボ・カーズ・スタジオで本日、中央ヨーロッパ標準時午後1時(※日本時間の7月5日午後8時)から記者会見を行う。

>>新世代ボルボ車やパワートレインを写真で見る

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ の関連記事

ボルボの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ の関連記事をもっと見る

ボルボ の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21