autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、燃費向上目的の「デュアルインジェクター」を開発

自動車ニュース 2009/7/16 15:24

日産、燃費向上目的の「デュアルインジェクター」を開発

関連: 日産
デュアルインジェクター燃料噴射状態比較

日産は、ガソリンエンジンの燃費を向上させる燃料噴射機構「デュアルインジェクター」を開発したと発表した。本システムは、2010年度初頭より小排気量エンジンに採用される予定である。

通常、ガソリンエンジンのインジェクターは1気筒あたり1つ配置され、2本の吸気ポート(空気吸入口)にむけて燃料を噴射するが、本システムは、各吸気ポート1つずつ、気筒あたり2つのインジェクターを設ける世界初の機構である。これにより燃料を霧状に噴射する際の燃料粒径を従来の約60%小さくすることで、燃焼を安定させる効果がある。

また、従来の吸気側だけでなく、排気側にも連続可変バルブタイミングコントロール(CVTC)を搭載し、デュアルインジェクターと組み合わせることで、熱効率の向上や吸気抵抗(ポンピングロス)の低減を図り、燃費を約4%向上させた。

さらに本システムを採用することにより、噴射された燃料が気体化するスピードが速まり、燃料の燃え残りが少なくなるため、排出ガス中の炭化水素(HC)の発生も抑制される。このため、触媒の十分な排出ガス浄化効果を確保しつつ、触媒中の貴金属使用量を従来の1/2、2008年より採用を開始した「超低貴金属触媒」と併用すると1/4に低減することが可能となる。

同様の効果をもった燃料噴射機構として、気筒内に直接燃料を噴射する直噴システムが既に実用化されているが、燃料を高圧で噴射するための昇圧用ポンプが必要となるなど、構成部品が複雑になり、コスト・レイアウトの観点から小排気量エンジンには採用が難しかった。デュアルインジェクターは、通常の圧力で燃料を噴射するため、構成がシンプルで軽量となっている。このため同クラスの排気量の直噴エンジンと比較してシステムのコストも約60%低く抑えることができる。

日産は、「青い地球を守りたい」「人や社会と共生する企業市民でありたい」という想いを「ブルーシチズンシップ」という言葉で表し、さまざまな取り組みを行っている。それは、地球環境保護、地域社会への貢献、ダイバーシティ(多様性)の推進、そしてより多くの人びとにクルマで移動する喜びを提供することなど、極めて多岐にわたる。このブルーシチズンシップの考え方に基づき「ニッサン・グリーンプログラム 2010」を引き続き推進し、真に実効性のある技術、商品、サービスを開発し、市場に投入していく。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26