autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 顔面アルヴェル化!?トヨタ、ヴォクシー/ノア/エスクァイアをマイナーチェンジ

自動車ニュース 2017/7/3 13:30

顔面アルヴェル化!?トヨタ、ヴォクシー/ノア/エスクァイアをマイナーチェンジ

トヨタ ヴォクシー(2017年7月マイナーチェンジ)

トヨタは、ヴォクシー/ノア/エスクァイアのミニバン3兄弟をマイナーチェンジし、ヴォクシーはネッツ店、ノアはトヨタカローラ店、エスクァイアはトヨタ店とトヨペット店を通じて7月3日に発売した。

価格(消費税込)は、ヴォクシーとノア共に246万6720円~326万9160円、エスクァイアは267万5160円~335万8800円。

>>マイナーチェンジ後のヴォクシー/ノア/エスクァイアを画像で見る

トヨタ ノア(2017年7月マイナーチェンジ)

今回のマイナーチェンジでは、それぞれの個性をより際立たせたエクステリアへと意匠変更。Bi-Beam LEDヘッドランプと面発光のLEDクリアランスランプの採用や、フロントグリルとリアコンビネーションランプの意匠変更などにより、ヴォクシーはスポーティさを、ノアは精悍さを、エスクァイアは高級感をより高めた堂々としたスタイルへと進化した。

また、センターコンソールボックスや助手席シートバックテーブル、充電用USB端子など使い勝手の良い室内装備を充実。さらに、スライドドアにシールを追加し遮音性が向上したほか、ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーの改良により静粛性や乗り心地を向上させるなど、商品の魅力を一段と高めた。

そのほか、エスクァイアには専用のシート表皮や加飾など、内装の上質感にこだわった最上級パッケージのGi”Premium Package”を新設定した。

また、ベース車のパッケージオプションとして、乗降時にセカンドシートが回転し前傾する“ サイドリフトアップチルトシート装着車”をヴォクシー「X」、ノア「X」、エスクァイア「Xi」に設定し、10月に発売を予定している。

◆ヴォクシー・ノア

トヨタ ヴォクシー(2017年7月マイナーチェンジ)

<エクステリア>

▽Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)と面発光のLEDクリアランスランプを採用し、先進性と精悍さを付与。ヴォクシーにおいては2段階積みのヘッドランプをよりシャープな印象にすることで、カッコよさを強調。ノアにおいては艶やかで大きな面を感じさせるフロントグリルにより、モダンで精悍な印象を付与

▽リアコンビネーションランプとバックドアガーニッシュは、ワイド感を表現する新意匠を採用

▽エアロ仕様のヴォクシー「ZS」とノア「Si」においては、ハの字をテーマにしたスタイルとし、スポーティでアグレッシブなイメージを強化。また、切削光輝加工にダークグレーメタリック塗装を施した専用の16インチアルミホイールを設定

▽外板色は、ヴォクシーには新色のイナズマスパーキングブラックガラスフレークを、ノアには新色のラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークを含む全7色をそれぞれ設定

>>マイナーチェンジ後のヴォクシー/ノア/エスクァイアを画像で見る

トヨタ ヴォクシー(2017年7月マイナーチェンジ)

<インテリア>

▽天井までブラックで統一した室内にピアノブラック塗装をあしらい、質感を向上

▽オプティトロンメーターは丸型リングを採用し、リング幅を細くすることでシャープな印象を付与

▽専用内装色として、ヴォクシー「ZS」には大人のスポーティ空間を演出するブラッドオレンジ&ブラックを、ノア「G」にはモダンで上質な空間を演出するフロマージュ&ブラウンをそれぞれ設定

◆エスクァイア

トヨタ ノア(2017年7月マイナーチェンジ)

<エクステリア>

▽Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)と面発光のLEDクリアランスランプを採用し、先進性と精悍さを付与。フロントグリルの横幅を拡大するとともに、メッキバーをセンター部分は太くサイド部分は細くし、間にシルバーの樹脂を挟むことで立体感を付与し、高級感や堂々感を一層強化

▽ヘッドランプからフォグランプまで連続する大胆なメッキ使いでエモーショナルさを付与

▽バックドアガーニッシュはフロントとデザインのテーマを合わせた縦基調の形状を加えることで、独自性を表現

▽切削光輝加工にダークグレーメタリック塗装を施した新開発の15インチアルミホイールを全車標準装備

▽外板色は、新色のアバンギャルドブロンズメタリックとブラッキッシュアゲハガラスフレークを含む全7色を設定

>>マイナーチェンジ後のヴォクシー/ノア/エスクァイアを画像で見る

トヨタ ノア(2017年7月マイナーチェンジ)

<最上級パッケージGi “Premium Package ”を新設定>

▽インテリアには、ラインパターンを配したブラウンレザーライン加飾や、加飾に合わせ縦基調のキルティングを施したブランノーブに合成皮革を組み合わせた専用シート表皮を採用し、上質な室内空間を創出

▽ヘッドランプ点灯走行における交差点への右左折進入時などで、歩行者や障害物の視認性を確保するLEDコーナーリングランプや、後続車のライトの眩しさを緩和する自動防眩インナーミラーを標準装備

◆その他、ヴォクシー/ノア/エスクァイア共通内容

トヨタ ヴォクシー(2017年7月マイナーチェンジ)

<室内装備>

▽助手席シートバックに格納式テーブル(カップホルダー2個付)とインストルメントパネルのセンターロア部に、充電用USB端子2個を全車標準装備

▽ハイブリッド全車およびガソリン車の一部には蓋付きセンターコンソールボックスを標準装備。ボックス背面には充電用USB端子2個を備え、後部座席からのスマートフォンやタブレットの充電が可能

<快適装備>

▽アクセルペダルを踏まずに定速走行できるクルーズコントロールのほか、紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)を効率よく遮断するウインドシールドガラスを全車標準装備

▽パワースライドドアを閉める途中にフロントドアハンドルのセンサーに触れると施錠予約ができる機能(スマートロック操作)を装備し、日常の利便性と快適性を向上

<その他>

▽スライドドアにシールを追加し遮音性が向上したほか、気持ち良い走りを追求し、空力パーツの追加やボディ剛性の向上、ショックアブソーバーの改良を実施し、優れた操縦安定性と乗り心地、静粛性を実現

>>マイナーチェンジ後のヴォクシー/ノア/エスクァイアを画像で見る

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

トヨタ エスクァイア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22