autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ミシュラン、ワイドシングルタイヤ「X One」が三菱ふそう新型トラックにオプション装着

自動車ニュース 2017/5/15 17:29

ミシュラン、ワイドシングルタイヤ「X One」が三菱ふそう新型トラックにオプション装着

ミシュラン X One

日本ミシュランタイヤのトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「ミシュラン X One(エックスワン)」が、三菱ふそうトラック・バスの新型スーパーグレート(型式FU:6X2 エアサス車のみ<一部機種を除く>)のメーカーオプション装着タイヤに採用された。

新型スーパーグレートは燃費性能が高く、「経済性」「環境性」「安定性」が期待され、ユーザーだけでなく、地球環境にも優しい大型トラックである。

ミシュラン X Oneは、トラックの後輪に装着するタイヤを2本(ダブルタイヤ)から1本にするというコンセプトで、1車軸当たり約100kgの軽量化を実現。

車両の輸送効率向上ならびに環境負荷低減に貢献し、駆動軸にも使用できることで輸送業界の注目を集めている。

三菱ふそう スーパーグレート
三菱ふそう スーパーグレート(ミシュラン X One)

ミシュラン X Oneは、プレミアムワイドシングルタイヤシリーズで、トレーラー用としてだけでなく、強大なトルクのかかる駆動軸用としても使用されることを前提に設計され、ダブルタイヤをシングル化することで以下の効果を実現する。

1.積載効率大幅向上によるトラックユーザーの運行経費削減

455/55R22.5サイズは、日本市場で最も一般的な大型トラック用ダブルタイヤのサイズ11R22.5と外径がほぼ同じで、日本の法律上最大値とされる車軸当たり10トンの耐荷重能力がある。11R22.5のダブルタイヤ仕様と比べ大幅に軽量化し、積載可能重量を拡大することができる。積載効率の向上は、同重量の輸送に必要なトラック便数の削減につながる。

2.環境負荷低減

サイドウォールがダブルタイヤの4枚からワイドシングルタイヤの2枚に減ることにより、回転中のタイヤの発熱によって増加する転がり抵抗を削減すると同時に、軽量化されたタイヤ・ホイールユニットが発進・加速時の慣性力を低減。車両の燃料消費量の節約に貢献し、廃棄されるタイヤを減らして環境負荷低減も可能にする。

3.車両の安全性向上

左右のタイヤ間距離(輪距)を拡大できるため車両の走行安定性が向上し、車両を低重心化ができ、安全性向上に貢献する。

4.車両設計の自由度拡大と生産性向上

ダブルタイヤ仕様と比べてタイヤ・ホイールユニット総幅が縮小されるため左右のタイヤ間距離が増し、シャシー設計の自由度が拡大。また、シングル化により部品点数が減るため、車両の生産性も高められる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!