autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 圭 rally project、全日本ラリー第2戦 ツール・ド・九州でクラス3位に

自動車ニュース 2017/4/12 18:46

圭 rally project、全日本ラリー第2戦 ツール・ド・九州でクラス3位に

2017年4月7日(金)レッキ

8日(土)DAY1

9日(日)DAY2

SS合計距離:73.09km / SS本数:13

総走行距離:417.40km

ポイント係数:1.0

リザルト/第2戦 ツール・ド・九州 2017 in 唐津

ドライバー 竹岡圭 / コ・ドライバー 箕作裕子

圭&mCrt ABARTH 500 YH

JN5クラス

DAY 1(SS1~SS8):合計タイム 46:56.3

DAY 2(SS9~SS13):合計タイム 32:31.4

総合計タイム 1:19:27.7

クラス順位:3位 / 総合順位:35位

※オープンクラスでの参戦も想定していたが、最終的には選手権クラスの JN5 での参戦となった。

参戦レポート/第2戦 ツール・ド・九州 2017 in 唐津

4月8日(土)、合計44.55km、8本のSSが用意されるDAY1。

天候はあいにくの雨。全日本ラリー選手権デビュー戦ということで、かなり緊張した面持ちでのスタートとなった。

午前のステージを終え、サービスパークへ戻ってくると表情は一変。

「早めの段階で、安全なところで一度アクセルを全開にすると、クルマとの一体感が得られるはずという監督のアドバイスを実行したら、気持ちが切り替わった!」と、ようやく笑顔が見られた。

しかし午後のステージは、時折雨脚が強くなったり濃霧が発生するなど天候が悪化したため、不得意な雨に手を焼いた様子。

特に見返りの滝ギャラリーステージは、同じ場所で5台がスピンするというほど路面が滑りやすく、初スピンも体験。幸いカスリ傷ひとつ追わず無事の帰還となった。

翌4月9日(日)のDAY2はSS4本、合計28.54km。天候は曇り時々晴れ。

「雨上がりの林道の路面はなかなか乾かないから…。初戦はとにかく完走の結果を残したい!」との言葉通り、かなりペースを抑えた超安全圏内で走行。加えて花見渋滞に巻き込まれたりと、リエゾンでの時間配分に苦労したようだが、ペナルティもなくフィニッシュ。

JN5クラスは参加台数が少なかったため、クラス3位という結果がついた。

ドライバー竹岡圭のコメント

「初の全日本ラリー選手権という緊張に加え、あいにくのお天気。これまでのモータースポーツ経験で雨の経験がなかったのと、本格的競技車両にまだ十分に慣れていなかったので、とにかく完走!という目標を立て、自分としても相当抑えて走行しました。

結果としては、参戦台数が少なかったことでラッキーなクラス三位をいただきましたが、それでもデビュー戦で入賞できたことで、みなさまの応援に少しは応えられたかなと思っています。今回走ってみて、もっと速く走りたいという気持ちが湧いてきたので、次戦はもう少し攻めの気持ちで挑んでみたいと思います」

小西監督コメント

「チーム結成後の初の大舞台、大きなトラブルもなくチームとしては大成功だった。ドライバーの走りの実力はもっとあるのは分かっているが、圭さんにとっては純粋な競技車両であるR3Tマシンの最初のラリー。無理なく無事に走り切ってくれることだけを願っていた。

SSタイムはまだ遅いが、まずは完走したことで数多くのことを自然に学んだのではないかと思う。次回以降で少しずつ実力を発揮できるようにチームで盛り上げていきたい」

事務局より

今回の参戦で、日頃より応援してくださる皆様と、圭 rally projectを温かく受け入れてくださったラリー関係者の皆様に支えられていることを、よりいっそう改めて実感いたしました。まだまだスタートラインへ立ったばかりですが、今後も、圭 rally projectと竹岡圭の成長を見守ってください。

◆圭rally project facebookページ

2017年3月10日オープン。現在フォロワー 数 約1200名超

◆竹岡圭オフィシャル facebookページ

現在フォロワー数 約4200名超

◆竹岡圭オフィシャル Twitter

現在フォロワー数 約5600名越

◆竹岡圭オフィシャルブログ

約1500人 閲覧/日

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!