autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日本初、低速追突を未然に回避する「シティ・セーフティ」を新型ボルボXC60へ標準装備化

自動車ニュース 2009/6/3 15:20

日本初、低速追突を未然に回避する「シティ・セーフティ」を新型ボルボXC60へ標準装備化

関連: ボルボ
ボルボ シティ・セーフティボルボ シティ・セーフティボルボ シティ・セーフティボルボ シティ・セーフティ

ボルボは、市街地や渋滞における低速追突を劇的に減らす最新安全技術「シティ・セーフティ」(低速用追突回避・軽減オートブレーキシステム)を、本年8月下旬に発売を予定している新型ボルボXC60に全車標準装備し、日本で初めて導入する。

ボルボの長年にわたる事故調査の結果、衝突事故件数のうち約75%が時速30km以下で発生していること、およびその約半数がドライバーの不注意によって衝突する瞬間まで、全くブレーキを踏んでいないことが分かった。今回日本市場に初めて導入する「シティ・セーフティ」は、このような調査に基づいて開発された画期的な安全技術で、主に渋滞時や交差点で発生する時速30kmまでの低速走行時の追突を未然に回避、もしくは追突ダメージを軽減するもの。

シティ・セーフティのシステムは、ルームミラー前方に位置するレーザーセンサーで、停車中もしくは同じ進行方向に進んでいる約6m先の前方車両の走行状態を常にモニターし、差し迫った追突の危険性を感知すると、ドライバーによるブレーキ操作に備え、ブレーキの反応を素早くする為にブレーキをプレチャージする。それでもドライバーが反応せず、ブレーキを踏まなかった場合、シティ・セーフティが自動的にブレーキをかけ、同時にエンジン出力を抑制。両車間の相対走行速度差が15km未満の場合、追突を未然に回避し、両車間の相対走行速度差が15km-30kmでは、追突のダメージを軽減できるとしている。

その他シティ・セーフティのメリットとして、自車および相手側の乗員のむち打ち症の低減のほか、双方の車両修理費用の軽減や保険料を低く抑えられる可能性がある点などが上げられている。

既に欧州においては2008年末から、また北米においても今年初めよりボルボXC60に標準装備して市場に導入されており、ボルボXC60全車に標準装備している点や上記のオーナーが享受する数々のメリットが高く評価され、イギリスの自動車専門誌やフランスの自動車専門誌など、安全にまつわる多くの賞を受賞している。日本市場においても、一般に広く普及・利用可能な自動車安全システムとしてその効果が期待されている。

■新型ボルボXC60について

新型ボルボXC60は、スタイリッシュなパッセンジャーカーとSUVが融合したクロスオーバーモデルで、次世代のボルボを象徴する若々しくフレッシュなスタイリングと、日本初導入の低速追突を未然に防ぐ安全技術「シティ・セーフティ」を標準装備している点が大きな特長。日本市場への導入は8月下旬を予定している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ の関連記事

ボルボの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ の関連記事をもっと見る

ボルボ の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ
    V90

    新車価格

    669万円929万円

  • ボルボ
    S60

    新車価格

    434万円839万円