autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、ビアンテを一部改良

自動車ニュース 2009/6/25 15:52

マツダ、ビアンテを一部改良

マツダは、ビアンテを一部改良し、 全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて6月25日より発売する。 価格は2.0L車が2,131,500円から、2.3L車は2,699,000円からとなる。(税込)

今回の改良では、新型アクセラにも採用したマツダ独自のアイドリングストップ機構 「i-stop(アイ・ストップ)」を、主力機種「20S」(2WD車)に標準装備した。これにより、旧型比で燃費を約7%改善した。

「i-stop」は、アイドリング停止時の素早いエンジン再始動(約0.35秒)と、 エンジン停止・始動時の振動を抑える設計により、ほとんど違和感やストレスを感じない、自然な操作性を実現している。

さらに、「20S」(2WD車)にはエコ運転を支援するトリップコンピューター(燃費計) およびエコランプや、横滑り防止機構のDSC(ダイナミック・スタビリティー・コントロールシステム) を新たに標準化することにより、環境・安全性能を充実させている。 これらの装備を採用する一方で、車両本体価格については従来から据え置きとなっている。

また、2.0L 2WD全車は「環境対応車普及促進税制」による減税対象となり、 自動車取得税および自動車重量税について「20S」が75%、「20CS」が50%軽減措置の対象となると同時に、「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象となっている。

■ビアンテの改良点

・アイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」を標準装備。(20S 2WD車)

・トリップコンピューター(燃費計)とエコランプを標準装備。

・DSC(横滑り防止機構)を標準装備。(20S(2WD車)、23S)

・シートレールに装着して使用するラゲッジフック(フレキシブルフック)を追加。

・ボディカラーにボルドー系の「ラディアントエボニーマイカ」を新採用。

・チケットバンド付サンバイザー(運転席)を標準装備。

■ビアンテのメーカー希望小売価格(税込)

【20CS】2WD 2,131,500円/ 4WD 2,420,500円

【20S】2WD 2,499,000円/ 4WD 2,788,000円

【23S】2WD 2,699,000円

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ビアンテ の関連記事

マツダ ビアンテの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ビアンテ の関連記事をもっと見る

マツダ ビアンテ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16