autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 今年のGWの渋滞ピークは5月3日~5日、常磐・関越などは45kmの渋滞が発生

自動車ニュース 2017/3/29 17:13

今年のGWの渋滞ピークは5月3日~5日、常磐・関越などは45kmの渋滞が発生

高速道路の渋滞

NEXCO東日本/NEXCO中日本/NEXCO西日本/JB本四高速/(公財)日本道路交通情報センターは、今年のゴールデンウィーク期間(2017年4月28日(金)~5月7日(日)の10日間)の高速道路での交通集中による渋滞予測を発表した。

渋滞予測について

◆10km以上の渋滞が多く発生すると予測される日

下り線:5月3日(水)~4日(木)

上り線:5月4日(木)~5日(金)

ゴールデンウィーク期間中に上下線合計で305回の渋滞が発生すると予測されており、特に5月3日~5日がピークになると予測されている。

2017年ゴールデンウィーク期間の渋滞予測
2017年ゴールデンウィーク期間の渋滞予測

また、特に長い渋滞が発生する区間は下記のように予測されている。

〇東日本

常磐自動車道 下り線/土浦北IC付近/5月3日 9時頃/45km

関越自動車道 上り線/高坂SA付近/5月5日 17時頃/45km

〇中日本

中央自動車道 下り線/相模湖IC付近/5月3日 6時頃/45km

東名高速道路 上り線/大和TN付近/5月5日 17時頃/40km

〇西日本・本四

中国自動車道 下り線/宝塚東TN付近/5月3日 9時頃/30km

神戸淡路鳴門道 上り線/舞子TN出口付近/5月6日 19時頃/45km

高速道路各社は、これらの渋滞予測をもとに出発日・時間帯をずらすなど、渋滞を避けて利用をしてほしいと呼びかけている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!