autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、女性が活躍できる上場企業「なでしこ銘柄」に5年連続で選定

自動車ニュース 2017/3/24 10:10

日産、女性が活躍できる上場企業「なでしこ銘柄」に5年連続で選定

関連: 日産

女性管理職比率は、10%達成の見通し

日産自動車は、女性活躍推進に優れた上場企業「なでしこ銘柄」に選定されたことを発表した。

なでしこ銘柄は、経済産業省が東京証券取引所と共同で、2012年度より選定、発表しているもので、東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQの上場企業が対象となる。同社の選定は、なでしこ銘柄選定開始以来5年連続となる。

東京証券取引所が日産をなでしこ銘柄に選定した理由(全文)

日産自動車は、女性活躍推進を経営戦略の一環として取り組んでおり、2004年に多様性(ダイバーシティ)推進の専任組織を立ち上げ、「女性のキャリア開発支援」を重点課題として取り組んできました。また、同社は社員の「働き方改革」についても他社に先駆けていち早く活動を実施しています。

女性のキャリア開発支援の面では、女性従業員を対象としたキャリア開発会議や能力開発のための研修、および、メンタリングなどの機会を提供しています。その結果、2016年4月での国内の女性管理職比率は9.1%まで上昇しました。これは、全女性従業員の約8人に1人が、管理職として活躍していることになります。2017年4月には、女性の役員が新たに1名誕生し、計2名になるとともに、女性管理職比率は、目標としていた10%に達する見通しとなりました。

また、女性のキャリア開発支援に合わせて、多様な従業員がいきいきと働くことができるように取り組んでいます。2015年には、この改革を更に推進していくため働き方改革「Happy8」をスタートさせました。これは、全従業員が一日8時間の業務時間を意識することで、個人と組織の生産性を上げ、従業員の健康、仕事、私生活をさらに充実させようという取り組みです。日産は、Happy8活動の一助となる「在宅勤務制度」についても、全従業員(生産工程を除く)を対象に活用実績を増やす取り組みを行っています。2016年度の利用者は、5,000人に達する見込みで、更に2017年度には、6,000人の従業員が利用することを目標としています。また、今年2月より、毎月最終金曜日に15時退社を推奨する”Happy Friday”も導入しました。

日産は、多様性(ダイバーシティ)を会社の強みと捉えて積極的に推進しています。自動車購入の意思決定の6割以上に女性が主体的に関与していることから、女性の視点・ニーズを取り入れた製品やサービスの開発が不可欠です。同社は多様化する市場のニーズに応えるため、今後もプロジェクトや組織のリーダーを担う女性が活躍できるような環境の整備に積極的に取り組んでいきます。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/19~2017/9/19