autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ヤマハ、MTシリーズの最高峰モデル「MT-10/MT-10SP」を発売

自動車ニュース 2017/3/10 16:07

ヤマハ、MTシリーズの最高峰モデル「MT-10/MT-10SP」を発売

ヤマハ発動機は、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた997cc水冷・直列4気筒エンジンを搭載したスポーツモデル「MT-10」と上級モデルの「MT-10SP」を5月16日から発売する。

価格(消費税込)は「MT-10」が1,674,000円、「MT-10SP」が1,998,000円。

MT-10は、MTシリーズの最高峰モデルとして“Ultimate Synchronized perfomance bike”をコンセプトに開発、“意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能”と“多用途で楽しめる機能”を集約させたモデルとなっている。

◆主な特徴

(1)クロスプレーン型クランクシャフト採用により、スロットル操作に対してダイレクトな駆動力が感じられる水冷直列4気筒997ccエンジンを搭載

(2)アルミ製デルタボックスフレームや1,400mmのショートホイールベースの採用などによる1,000ccクラスと思わせない軽快な走行性能を実現

(3)クルーズコントロールシステム、D-MODE※1、TCS※2、QSS※3などの電子制御システムによる充実した機能を搭載

(4)力強いエンジンの存在感とパワーフローを強調したサイドビューなどMTシリーズ最高峰モデルにふさわしいスタイリングとした

なお、上級モデルのMT-10SPには、OHLINS製電子制御サスペンション、フルカラーTFT液晶メーターなどを装備。カラーリングでは「YZF-R1M」とリレーションしたMT-10SP専用カラーも設定した。

※1 D-MODE:電子制御により、3つの走行モードが選択可能な走行モード切替システム

※2 TCS:トラクション・コントロール・システム

※3 QSS:クイック・シフト・システム

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!