autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ボルボ、新型S90/V90/V90クロスカントリー発売…ヘラジカなど大型動物検知機能を世界初搭載

自動車ニュース 2017/2/22 17:45

ボルボ、新型S90/V90/V90クロスカントリー発売…ヘラジカなど大型動物検知機能を世界初搭載

ボルボ 新型V90

ボルボ・カー・ジャパンは、ラインナップの最上級モデルとなる新型S90(セダン)/V90(ワゴン)/V90クロスカントリー(クロスオーバー)を発表した。

価格(消費税込)は、S90が644万円~842万円(500台限定)、V90が664万円~899万円、V90クロスカントリーが694万円~819万円となる。なお、一部モデルを除き2月22日より発売を開始する。

ボルボ 新型S90/V90

2016年1月に日本で発売を開始したXC90にはじまる90シリーズは、将来の電動化やコネクティビティ、自動運転等を見据えて開発された新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」と、自社開発の新世代パワートレーン「DRIVE-E(ドライブ・イー)」を採用。

今回新たに発売されるS90/V90/V90クロスカントリーは、S80/V70/XC70の後を受け継ぎ、新世代ボルボのデザインと先進の安全・運転支援技術を搭載、独自のインフォテイメント・システムやコネクティビティを進化させ、ボルボが考えるスウェディッシュ・ラグジュアリーを体現した。

ボルボ 新型V90
ボルボ 新型V90

エクステリアで目をひくのは、北欧神話に登場するトール神(雷神)がもつハンマーをモチーフにしたT字型のLEDヘッドライト。新しくなったアイアンマークを中央に配したエレガントなグリル、リアライトの造形といったシグネチャーは、ボルボのアイデンティティを継承した。

新型S90/V90/V90クロスカントリーは、XC90のインテリアデザインをさらに進化させている。9インチの縦型タッチスクリーン式センターディスプレイの左右には、空気噴出し口のルーバーが縦型に配され、すっきりしたラインを作っている。

XC90同様、ボタンの数を必要最小限に絞り、オーディオやナビ等の操作はタッチスクリーン式センターディスプレイに集約。ドライブモードの選択ボタンやセンターディスプレイ下の音量ボタンの周囲にも特徴的なローレット加工が施され、高級感を演出した。

上級グレードのインスクリプション/サマムには、柔らかな質感のパーフォレーテッド・ファインナッパレザーシートやナチュラルな風合いを活かしたウッドパネルなどを標準装備した。

>>ボルボ 新型S90/V90/V90クロスカントリーの写真を見る

新型90シリーズではドライバーが直感的に操作可能な独自のシステム「SENSUS(センサス)」が進化した。ドライバーが走行中に必要な情報は、新たに設定された12.3インチ・ドライバー・ディスプレイ(メーターパネル)と、ヘッドアップ・ディスプレイに表示。

また、音声認識機能により、視線の移動をすることなくナビゲーションの目的地の設定やエアコンの温度調整、メディアの操作などの幅広い操作を音声で行うことができる。「SENSUS」はApple社のCarPlayとGoogle社のAndroid Autoに対応している。さらに、スウェーデン発の音楽配信アプリである「Spotify」を車載アプリとして搭載した。

ボルボ 新型S90
ボルボ 新型S90ボルボ 新型S90

新型90シリーズは、2つの世界初の安全技術を含む15種類以上の先進安全・運転支援技術「インテリセーフ」を標準装備した。

世界初の大型動物検知機能は、スウェーデンで重傷事故の要因となっているヘラジカなど大型動物との衝突被害の軽減を目的としたシステム。

従来のシティ・セーフティの歩行者・サイクリスト検知機能に加え、速度4km以上のとき、前方に大型動物が検知された場合に警告を発し、運転者が警告に反応しない場合には、通常の最大制動力の約30%(約0.3G)でブレーキが作動。衝突時には時速約15kmの減速を可能とする。時速70km以上の高速走行時にもっとも効果を発揮し、夜間にヘッドライトで照らされている場合でも検知を行う。

また、世界初のランオフロード・ミティゲーションはXC90で発表されたランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故被害軽減システム)に加えて道路逸脱事故の対策として開発された、道路逸脱事故回避を支援する機能。

道路からの逸脱が差し迫っていると予測された場合にのみシステムが介入し、ステアリングを自動的に操作して道路上に戻す。この操作で十分に対応できない場合、ブレーキも作動させて減速させる。

車載カメラが車線境界線や側線を検知した状態で、時速65~140kmのときに作動。方向指示器を使用している場合など、ドライバーが自発的に運転している場合、介入をしない仕組みとなっている。

パイロット・アシストはステアリング操作を行い、車線の中央を走るようサポートする運転支援機能。新型90シリーズに標準装備されるパイロット・アシストでは、前走車なしでも車線維持走行が可能となり、作動域は時速140kmまでに拡大した。

フロント・ウィンドウに設置されたミリ波レーダーとカメラが一体となったユニット、ASDM(アクティブ・セーフティ・ドメイン・マスター)が車線の検知と前方をモニターし、車線の維持走行と前方車両との距離の維持をサポートする。

ボルボ S90 関連ページ

ボルボ V90 関連ページ

ボルボ V90クロスカントリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ S90 の関連記事

ボルボ S90の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S90 の関連記事をもっと見る

ボルボ S90 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/19~2017/8/19