autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォーミュラニッポン第3戦、優勝は小暮(NAKAJIMA RACING)に

自動車ニュース 2009/6/1 09:52

フォーミュラニッポン第3戦、優勝は小暮(NAKAJIMA RACING)に

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第3戦の決勝レースが、5月31日ツインリンクもてぎにて行なわれた。雨が降ったり止んだりの中、No.32 小暮卓史(NAKAJIMA RACING)が優勝。そして、ツインリンクもてぎのある栃木県出身のルーキー、No.10塚越広大(HFDP RACING)が一時トップを走る健闘で4位となり、地元ファンを喜ばせた。

レースはスタート前から波乱が続出。スターティンググリッドでNo.7国本京佑(Team LeMans)のマシンに電気系トラブルが発生。さらに、フォーメーションラップ中に、No.41 伊沢拓也(DOCOMO DANDELION)がまさかのスピン。早くも2台が脱落した。

決勝スタートでポールポジションの小暮は好スタートでトップに立つ。予選2位のNo.31ロイック・デュバル(NAKAJIMA RACING)は、2コーナーで予選3番手の塚越に抜かれ、さらにNo.36アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM’S)と軽く接触してスピンしてリタイヤしてしまう。

雨の量が増えてくると、各車が給油とレインタイヤへの交換。この後トップは塚越。しかし、アウトラップの90度コーナーでコースオフし、ロッテラーが背後に迫る。さらに、小暮、ピット作業で先行した石浦、平手、トレルイエ、立川、松田、ライアンと続く。

レインタイヤでなかなかペースを上げられない塚越が、17周目の5コーナーで単独コースオフ。ロッテラーと小暮が先行した。小暮はさらにロッテラーも抜き、トップを奪い返した。後方ではトレルイエが石浦、さらに塚越を抜き、3番手に浮上した。

この頃には、雨が再び止み、路面は乾き始める。24周終了目前に塚越がピットインしてスリックへと履き替えてコースに戻った。その翌周から続々とスリックタイヤに交換するが、その直後、立川がガードレールにクラッシュし、コースの中央にストップ。セーフティーカーが導入された。立川のマシンの回収が終わり、リスタートの頃から再び気まぐれな雨が降り始める。3位走行中のロッテラーは、36周目の90度コーナーでコースオフ。大きく順位を落とすことになった。

みなレインタイヤに交換する中、ただ1台ピットに入らずトップに立ったのは塚越。この時、2番手の小暮とは約27秒差だったが、雨が再び強まり、小暮が再度トップを奪い返した。最終ラップ、塚越はさらにトレルイエに、そして石浦にも抜かれた。その結果、小暮は2007年第8戦もてぎ以来、1年半ぶりとなる歓喜の勝利を手にした。2位はトレルイエ、3位に石浦となった。もてぎを最も沸かせた塚越は4位と、デビュー戦から3戦連続の入賞を果たした。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!