autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ 新型カムリをスポーツセダンに一新…TNGA採用で走りを進化

自動車ニュース 2017/1/10 10:24

トヨタ 新型カムリをスポーツセダンに一新…TNGA採用で走りを進化

トヨタ 新型カムリ(北米仕様)

トヨタは、デトロイトモーターショー(北米国際自動車ショー)で、新型カムリの米国仕様を世界初披露した。

8代目となる新型カムリは、カムリが培ってきた高い品質・耐久性・信頼性や実用性に一層磨きをかけるだけでなく、所有して操る喜びや感動を提供することを目指した。

なお、日本では、全国のトヨタカローラ店に加え、新たにトヨペット店およびネッツ店(東京地区は東京トヨタでも販売)でも、2017年夏頃の発売を予定している。

>>現地画像あり!新型カムリを写真でチェック(32枚)

新型カムリの主な特徴(米国仕様)

トヨタ 新型カムリ(北米仕様)
トヨタ 新型カムリ(北米仕様)

エクステリアは、バンパーコーナーをより立体的で大胆な構成にしたアンダープライオリティにより、トヨタ独自フロントの表情であるキーンルックを進化。スリムなアッパーグリルと大きく構えたロアグリルを対比させ、低重心感とワイドなスタンスを強調した。

また、新プラットフォーム採用によりフードと全高を低く抑えながら、後席頭上空間を確保したロングルーフのキャビンシルエットとクォーターピラーの流麗なキャラクターラインとし、実用性とスポーティさを高次元で両立した独創的なキャビン造形を実現した。

先進的なインテリア

トヨタ 新型カムリ(北米仕様)
トヨタ 新型カムリ(北米仕様)

インテリアは、前方視界に優れた軽快でスポーティなインパネとグローバルミッドサイズセダンに相応しい広々とした空間を両立した。

次世代インターフェースとして、カラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイ(メーターパネル内)、8インチオーディオビジュアルナビゲーションシステムが相互にリンク。操作性を大幅に向上しつつ、流れるような曲線が際立てるフラッシュサーフェイスの表示パネルが未来感を演出した。

さらに、プリウスで初採用されたTNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャ)に基づきプラットフォームを刷新(GA-Kプラットフォーム)。低重心化、ボディ・フロア剛性強化、エンジンのマウント位置を見直したのほか、リアに新サスペンションを採用するなど、クルマのパッケージ全体を一新することで、操縦安定性や乗り心地などの性能が幅広く向上した。

新型エンジンDynamic Force Enginを初採用

TNGAにより構造や構成を全面的に作り直し、高い走行性能と環境性能を両立させた新型エンジンDynamic Force Engineの初採用モデルとして、直列4気筒2.5L直噴ガソリンエンジンを設定。

ガソリン車、ハイブリッド車ともに世界トップレベルの熱効率を達成するとともに、レスポンスやトルクを向上することで、燃費と動力性能を大幅に向上させた。

2.5Lガソリン車には、TNGAにより全面刷新された新型トランスミッションのDirect Shift-8ATを採用。世界トップレベルの伝達効率を実現するとともに、多段化、ロックアップ領域を拡大することで、ドライバーの意のままに反応する走りを実現した。

また、ハイブリッド車では、2.5L用のトヨタハイブリッドシステム(THS II )を一新。小型・軽量・低損失化技術を、高燃焼効率・高出力の新型エンジンと組み合わせることで、優れた動力性能・低燃費を実現した。

先進安全機能では、ミリ波レーダーと単眼カメラを用い、総合的な制御により、クルマだけではなく歩行者も認識する歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティをはじめ、4つの機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を採用した。

【新型カムリ 米国仕様】

全長/全幅/全高:4859/1839/1440mm

ホイールベース:2824mm

トヨタ カムリ 関連ページ

トヨタ カムリハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カムリ の関連記事

トヨタ カムリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カムリ の関連記事をもっと見る

トヨタ カムリ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21