autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストンがSUV向け新ブランド“ALENZA(アレンザ)”を発表

自動車ニュース 2016/12/19 15:39

ブリヂストンがSUV向け新ブランド“ALENZA(アレンザ)”を発表

ブリヂストン ALENZA 001

ブリヂストンは、プレミアムSUV向けのグローバル新ブランドALENZA(アレンザ)を立ち上げたことを発表。第一弾商品としてALENZA 001を2017年2月より日本国内で順次発売する。発売サイズは34サイズで、全てメーカー希望小売価格を設定している。

近年のSUV市場は販売台数及び車両モデルが増加し、使われ方も多種多様になっていることで、タイヤにも今まで以上に幅広い性能が求められている。今回新ブランドとして投入するALENZAは、オンロードと街乗りをベースとしてプレミアムSUVの高度な性能を引き出し、磨き抜かれて洗練された上質な走りをサポートすることで、ユーザーの多様な価値に貢献することを目指している。

新発売となるALENZA 001は、プレミアムSUVのスポーティな運動性能を高次元で引き出すために専用設計されており、オンロードでの高いドライ、ウェット性能に加え、低燃費性能、ライフ性能にも配慮したハイパフォーマンスタイヤとなっている。

プレミアムSUVの例

1.プレミアムSUVに求められる高い運動性能

タイヤ骨格部分を重構造(ベルト補強材やベルト端補強材などを採用)とすることで、高剛性を保ち、高いドライ性能を実現。

加えてパタンでは、マルチラウンドブロックを採用することでウェットグリップを向上、また、チャンファリングにより制動時のフラットな接地を実現し、高い制動性能を確保している。

2.低燃費性能及びライフ性能の追求

ナノプロ・テックを採用したシリカ配合により、シリカ同士の擦れ合いによる発熱を低減し、ライフ性能を落とすことなく、転がり抵抗を「DUELER H/P SPORT」対比19%低減している。

パタンには3D-M字サイプを採用することで、制動時のブロックの倒れこみを抑え高い耐摩耗性を実現した。

3.ウェット性能の向上

ULTIMAT EYEの採用により、制動時の接地性を向上させることで、全サイズウェットラベリングb以上を達成している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!